【超必読・新型コロナの陰謀】米Amazon1位の暴露科学者ジュディ・ミコヴィッツ徹底解説!ビル・ゲイツ、ワクチン、ファウチ、YouTube強制削除のプランデミック…

 新型コロナウイルス騒動、いつになったら終わるんだ! 過剰な情報洪水にコロナ疲れにいたっている人たちも多いだろう。そんなときこそ、ケロッピー前田がカウンター視点で巷のニュースを相対化、いまを生き抜くためのヒントやアイディアをお届けしたい。合言葉はひとつ、ただひたすらに生き残れ! 今後数回にわたって「新型コロナウイルスの時代」を連載する。

過去の記事 → 【第1回】ビル・ゲイツの予言【第2回】パンデミック演習「イベント201」【第3回】武漢ウイルス研究所とは何か?

 

【集中連載第4回】『プランデミック』の賛否

 ここ数日、“アメリカで今最も危険な女科学者”のジュディ・ミコヴィッツ(ジュディ・ミコビッツ)の新刊『Plague of Corruption(腐敗の疫病)』Amazonのベストセラー1位となっている。

画像は「Amazon」より引用

 さらに、この本の内容にそったミコヴィッツのインタビューの映像作品『Plandemic(プランデミック=仕組まれたパンデミック)』はYouTubeで異常な人気を博したが、「新型コロナウイルスの感染防止の観点から誤情報を含んでいる」という理由でYouTube側に削除されている。この映像作品は、2020年夏に完成予定の本編の一部であり、現在も同作品のプロモーション用ウェブサイトで観ることができる

 この映像作品は取扱厳重注意だ。最初に誤解のないように断っておくが、筆者はミコヴィッツの発言を全面的に支持しているわけではない。ましてや、マスクや手洗いの必要性を軽んずる彼女の発言は、コロナ禍にある現状に対して非常に有害である。

 さらには、この映像作品があまりにも影響力を持ってしまったため、アメリカで最も権威がある科学誌『サイエンス』が「ウイルス陰謀ビデオでアンソニー・ファウチ(米コロナ対策の第一人者)を攻撃する、疑惑の生物学者ジュディ・ミコヴィッツをファクト・チェックする」と題したネット記事を公開し、広く注意を促すほどの事態となっている。

画像は「Science」より引用

●アンソニー・ファウチという男と
米国の小保方晴子・ジュディ・ミコヴィッツ

 ここに登場するアンソニー・ファウチとは、1984年以来、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)所長を務め、現在はホワイトハウス・ コロナウイルス・タスクフォースの主要メンバーとして、トランプ大統領の傍に立つ、白髪男性である。ファウチは、1980年代、エイズが謎の感染症として登場したときからその研究にかかわり、SARS、MERS、エボラ出血熱など、数々のウイルス感染症対策を担当し、6代の大統領に仕えてきた“第一人者”である。

 一方、ファウチを激しい憎しみを持って、徹底的に攻撃し続けるのがジュディ・ミコヴィッツだ。彼女はヴァージニア大学を卒業後、1980年代、アメリカ国立がん研究所(NCI)にテクニシャン(実験技師)として勤務し、同時に博士号も取得している。06年からウィットモア・パターソン・インスティテュート(WPI)で研究ディレクターを務めた。

 09年、ミコヴィッツは異種向性マウス白血病ウイルス関連ウイルス(XMRV)と呼ばれる不明瞭なウイルスが慢性疲労症候群(CFS)を引き起こすことを示唆する論文を、かの科学誌『サイエンス』に発表した。この研究から、謎の病気だったCFSが抗ウイルス薬で治療可能になるかもしれないという希望が生まれ、一躍脚光を浴びる。ところが実験の再現性がないことを指摘され、本人もそれを追試できなかったことからスキャンダルに発展し、のちに論文は撤回された。2011年、彼女が研究資料の提出を拒んだことから投獄され、科学界を追われている。日本でいえば、2014年にSTAP細胞で世を騒がせた小保方晴子のことを連想してしまう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ