5月14日は20世紀のエンターテインメント界に君臨した巨人「フランク・シナトラ」が死亡した日!

5月14日は20世紀のエンターテインメント界に君臨した巨人「フランク・シナトラ」が死亡した日!の画像1
(写真はWikipedia Frank Sinatraより使用。Public Domain)

『1955年のフランク・シナトラ』

 1992年5月14日は、20世紀のエンターテインメント界に君臨した巨人、フランク・シナトラが死亡した日である。


 『My Way』『New York, New York』等、数多くのスタンダードナンバーを歌い上げる美声でアメリカのエンターテインメント界に燦然と光り輝くスターであり、娘のナンシーも歌手として成功するなど、“シナトラ一家”として世界有数の成功を収めた人物である。


 また、私生活ではエヴァ・ガードナー、ミア・ファローを含む4人の女性たちとの華やかな結婚生活を送ったことで知られ、その一方でマリリン・モンローなど数々の女優とのロマンスの噂が常に絶えないプレイボーイでもあった。


 さらにそのカリスマ性は歌手の範疇を遙かに超えた政治的影響力を持ち、アメリカの大物マフィアとの親交や、当時のアメリカ大統領、J・F・ケネディとの蜜月で知られている。


 ケネディとの決別後は、そのマフィア人脈を駆使して暗殺にも関与したとの噂も出るほどであった。


 しかし、その裏社会との繋がりは半ば“公然のタブー”であり、インタビューの最中にマフィア関連の質問をするなりその場を中断するほどであった。


 極めつきはその死後にCIAのスパイであったなどということまでが実の娘の発言により噂となったが、それら全ての噂の真偽はともかく、あらゆる噂を呼ぶほどに絶大な権力を有していた人物であったことは間違いないであろう。


 その代表曲『New York, New York』は、ライザ・ミネリ主演の同名映画のために書かれたテーマ曲であるが、もはやその曲に付いた顔はシナトラのそれである。


 黒い噂の数々にも関わらずその人生の最中には破綻もなく82歳の人生を終えた彼は、『New York, New York』の歌詞に倣うなら、紛れもなく世界を眺望する丘の上に佇む王、“King of the Hill”そのものであった。

 

<5月14日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ