テレ朝の「息の根止める」最悪の事態もうすぐ? 富川家の虐待疑惑と医師“真逆編集”の次は…

テレ朝の「息の根止める」最悪の事態もうすぐ? 富川家の虐待疑惑と医師真逆編集の次は…の画像2
画像は「Wikipedia」より引用

「やはり視聴率がいいのでタガが緩んでいる証拠でしょう。真逆に編集なんてありえないことです。報道番組と言えば、羽鳥慎一アナの『モーニングショー』も最悪の評判です。コメンテーターの玉川徹氏が、炎上するような発言を連発したり、コロナの専門家として出演する人に疑問符がついていますしね」

 関係者の話を総合すると、やはり高視聴率にあぐらをかいてきたしっぺ返しがきているということ。そんなグラついている同局の、息の根を止めるのが、キラーコンテンツ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」の打ち切りだ。

「同ドラマの顔だった米倉涼子が、3月末で所属のオスカープロモーションを退所しました。理由は複数ありますが、やはり『ドクターX』を絶対やらせようとした事務所に不満を募らせていたというのが最も大きい。米倉としてみれば、大門のイメージが強すぎるので、やりたくない。でも事務所とテレ朝はドル箱の『ドクターX』をやめるなんてありえない。結局、このドラマを降板するには、事務所から自由になる必要があった。なので、もう大門はやらないか、やったとしてもあと1回です」(事情通)

 テレビ朝日の命運は尽きたのかもしれない。

文=編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ