浜崎あゆみドラマ「M 愛すべき人がいて」を蹴ったと噂される大物3人!業界人が暴露

浜崎あゆみドラマ「M 愛すべき人がいて」を蹴ったと噂される大物3人!業界人が暴露の画像1
画像は「テレビ朝日」より引用


 2020年4月クールのドラマは軒並みコロナの影響を受けて放送が延期されている。このままいけば最終的には放送中止になる可能性もあると言われているが、そんな中でもほぼ問題なく放送できているのがテレビ朝日の土曜ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」だ。

 放送スケジュールに影響は出てきているようだが、他のドラマよりは撮影が早かったこともあって初回から第3話までは予定通りにオンエアできている。何かと賛否のある仕上がりになっているが、じつはここ最近、このドラマに関わることを蹴ったと言われる名前が業界内で囁かれ始めている。

「田中みな実さんのキャラクターが好評ですし、昔の大映ドラマを見ているようという意見もあって数字もそこまで悪くありません。ただ、批判の声も多いですよね。もちろん、それだけ注目されているということで喜ばしいことですが、一方ではこの原作でこの内容ということで、仕事をオファーされて断った人がたくさんいるんです」(ドラマ制作関係者)

 三浦翔平もよく引き受けたという意見があるだけに、このオンエアに至るまでには紆余曲折があったのは想像できる。具体的にはどんな面々がそのオファーを断ったと言われているのか。

「役者さんに関しては名前が漏れてこないんですが、スタッフサイドの名前が出てきています。脚本家は今回、放送作家の鈴木おさむさんですが、とにかく浜崎あゆみサイドは実力どうこうではなく名前のある脚本家を熱望したそうです。そのため、最初は宮藤官九郎さんにもオファーが行ったと噂されています」(同)

 大河まで書いた脚本家の名前が出てくるとは驚きだが、オファーのみで終わったとはそういうことなのだろう。

 また、もうひとりも脚本家の名前があがった。

三谷幸喜さんです。脚本家としてはおそらく今最も名がある方ですよね。ただ、現在のドラマを見ている限り、テイストはまったく違うので結局は三谷さんの名前だけでオファーしていたのかなと思いますけど」(同)

 確かに過去には「振り返れば奴がいる」(フジテレビ系)などがあるものの、最近の三谷作品とは全く異なる内容だ。とにかくビッグネームが欲しかっただけかもしれない。

人気連載
ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ