5月15日は第29代内閣総理大臣・犬養毅が暗殺された日! 「いま撃った男を連れてこい」重傷を負いながらも説得を試み…

関連キーワード:

,

,

5月15日は第29代内閣総理大臣・犬養毅が暗殺された日! 「いま撃った男を連れてこい」重傷を負いながらも説得を試み...の画像1
(写真はWikipedia 犬養毅より。Public Domain)

『犬養毅のポートレート』

 1932年5月15日は第29代内閣総理大臣を務めた犬養毅がその在職中に総理官邸で暗殺された日である。

 立憲改進党に入党し「大同団結運動」で活躍した犬養は、文部大臣、逓信大臣、外務大臣、内務大臣を歴任した後に第29代内閣総理大臣に就任。

 「満州事変」後の外交問題や世界恐慌後の経済再生に力を割いていたが、かねてから犬養の軍縮政策を憂慮していた軍将校たちが反乱を起こした。

 犬養が5月15日に総理官邸で医者の往診を受けていたところに、海軍中尉三上卓率いる5人の部隊、海軍中尉山岸宏率いる4人が二手に別れて突入。

 「話せばわかる」として必死に説得を試みた犬飼だったが、腹部と、頭部を銃撃が襲い、瀕死の状態に。それでも犬養は駆け付けた女中に「今の若い者をもう一度呼んで来い、よく話して聞かせる」と言っていたという。

 後に「五・一五事件」と呼ばれたこの暗殺事件であるが、当時の「政党政治」に嫌気が差していた市民たちの助命嘆願運動の影響もあり、実行犯のグループはいずれも軽い懲役刑となっている。

 なお、19代総理大臣の原敬以来となる現職総理大臣の暗殺事件であるこの事件だが、日本の歴代総理大臣で暗殺されたのは犬養と原と第27代総理大臣・濱口雄幸の3人。

 さらに、犬養と原という二人の間に総理を務めた第20代総理大臣の高橋是清も総理職を離れた 1936年の「二・二六事件」で暗殺されている。

 大正から昭和初期にかけてのこの時代は今から100年も遡らない時期であるが、日本政治は、現在では考えられないほど《血みどろの時代》であったといえるだろう。

15

<5月15日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

文=編集部

5月15日は第29代内閣総理大臣・犬養毅が暗殺された日! 「いま撃った男を連れてこい」重傷を負いながらも説得を試み…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで