首から垂れ下がる巨大腫瘍! 細胞が無限増殖…「神経線維腫症」の絶え間ない苦しみ

画像は「The Daily Mail」より引用

 インドネシア北スマトラ州メダンに住む男性、アンドリアディ・プトラさん(34)は、顔面から腹にかけて巨大な腫瘍に覆わている。まるで「カバン」のような腫瘍は重さ約40キロもある。プトラさんは常に痛みに苦しみ、食事や会話は困難で、腫瘍が重くて歩くことすらままならない。

画像は「The Daily Mail」より引用

 プトラさんは、細胞組織の成長と発達に影響を与える遺伝性疾患の「神経線維腫症」を患っている。神経線維腫症は、第17番染色体にある遺伝子の異常によって、たんぱく質「ニューロフィブロミン」が欠如することで発症するとされる。ニューロフィブロミンには細胞の増殖を抑制する働きがあるため、これが作用しなくなると、細胞が無制限に増殖して腫瘍と化す。現在も治療法は存在せず、外科手術で腫瘍を切除するしかない。

画像は「The Daily Mail」より引用

 プトラさんの顔には、生まれたときから小さな傷があった。父親のイスメッド・トライアドさん(60)と母親のエリダさん(52)は当時、傷に気づいていたが、地元の医者には「何も心配しなくてよい」と言われた。しかし、傷はプトラさんの成長とともに肥大し続けた。

画像は「The Daily Mail」より引用

「私は小さな傷を持って生まれましたが、家族はそれをあざだと思っていました。しかし、私が11歳のとき、それがどんどん大きくなっていったので、両親は疑い始めました。彼らは私を医者のもとへ連れて行き、『血管狭窄』と呼ばれる病気にかかっていると言われました。それが不幸の始まりです。両親はほとんど何もできませんでした。お金が足りないので、治療を続けることができなかったのです」(プトラさん)

人気連載
5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

■2020年5月25日~31日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】  今年、首都圏では...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?