5月20日は畠山勇子がロシア皇太子に謝罪の遺書を残して自害を遂げた日! 暗殺未遂事件を憂慮「天皇陛下の面目が立たない…」

(画像はWikipedia 畠山勇子より。Public Domain)

『畠山勇子のポートレート『護法の神 児島惟謙』(修文館/1926年)掲載』

 1891年5月20日は、京都の魚問屋で奉公をしていた畠山勇子が、5月11日に発生したロシア帝国皇太子ニコライの暗殺未遂事件「大津事件」による国難を案じ、皇太子宛の謝罪の遺書を残し自殺を遂げた日である。


 滋賀県滋賀郡大津町で警備にについていた警察官・津田三蔵がロシア皇太子のニコライに斬りかかったことは、当時まだ国力の乏しかった明治期の日本にとっては一大事であり、明治天皇もすぐさま京都まで見舞いに赴くほどであった。


 しかしその甲斐もなく、ニコライは東京訪問をキャンセルし、ロシアへと帰ろうとしていた5月20日に、一介の平民である畠山は「天皇陛下の面目が立たない」と「露国御官吏様」「日本政府様」「政府御中様」というそれぞれに宛てた遺書を京都府庁に投げ入れ、その場で首と胸をカミソリで斬りつけて自害を遂げたのであった。


 世間ではロシア帝国が報復のため攻めてくると騒ぎになっていただけに、この自害は「烈女勇子」の名で大きく報じられた。


 元々、近隣では畠山は過剰に政治に熱狂していた変わり者とみられていたという。


 彼女の死がロシアまで伝わったかどうかは定かではないが、祖国を守ろうとして果てたその激烈な人生を、我々は記憶しなければならないだろう。

 

<5月20日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

人気連載
12歳の少年少女が“成長具合”を観察され、全裸で海へ…! 中部地方の特殊なエローカルルールとは?

12歳の少年少女が“成長具合”を観察され、全裸で海へ…! 中部地方の特殊なエローカルルールとは?

【日本奇習紀行シリーズ 中部地方】  日頃はあまり話題...

関連キーワード