舌が5倍に膨れ上がった少年! 巨大舌が顔を埋め尽くし… 苦難と手術の末、誇りを取り戻す!

 バラントゥさんに転機が訪れた。ドイツのテレビ番組を通して、ミュンヘン医療センターに勤務する口腔外科学の専門家、マイケル・エーレンフェルト教授と出会ったのだ。エーレンフェルト教授はバラントゥさんの舌が良性腫瘍であると考え、無料で手術を行なうことを提案した。しかし、バラントゥさんの家族は約2万ドル(約215万円)の入院費を支払うだけの経済的な余裕がなく、手術を受けられずにいた。すると、幸いなことにバラントゥさんの事情がドイツのテレビで紹介され、視聴者から3万7千ドル(約4百万円)の寄付が集まった。

舌が5倍に膨れ上がった少年! 巨大舌が顔を埋め尽くし… 苦難と手術の末、誇りを取り戻す!の画像4画像は、「YouTube」より

「外国の方々がこんなにも支援をしてくださるなんて、信じられないことでした。ドイツの方々が息子を救ってくださったことは奇跡だと思っています」(バラントゥさんの母)

 バラントゥさんと彼の母親はドイツへと旅立った。診断の結果、エーレンフェルト教授の考えが正しいことが判明し、手術が行われることとなった。最初の手術で出来る限り舌を縮め、その後の手術で5時間かけて腫瘍が取り除かれた。

舌が5倍に膨れ上がった少年! 巨大舌が顔を埋め尽くし… 苦難と手術の末、誇りを取り戻す!の画像5画像は、「YouTube」より

 手術から数週間後、バラントゥさんは「まだ少し痛みがあります。でも、鏡に自分の姿を映したとき、僕はとても嬉しくなります」と語った。入院中に普通の食べ物も食べられるようになった彼は、ドイツに来てから6週間後に帰国した。

 引きこもり生活を始めてから2年後、バラントゥさんは自信と誇りに満ちあふれた生活を満喫している。帰国後は復学して卒業し、精密レンズを製作するメーカーに就職した。

舌が5倍に膨れ上がった少年! 巨大舌が顔を埋め尽くし… 苦難と手術の末、誇りを取り戻す!の画像6画像は、「YouTube」より

「病気だったとき、僕はほとんど誰とも連絡を取りませんでした。でも、今は何もかもが変わりました。もう誰も僕をじっと見ることがなくなったのは本当に嬉しいです」(バラントゥさん)

 ドイツの人々の善意に後押しされて、普通の顔で生活するというバラントゥさんの夢が実現した。彼の新しい人生は始まったばかりだ。

動画は、「YouTube」より

参考:「YouTube」、ほか

文=標葉実則

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

舌が5倍に膨れ上がった少年! 巨大舌が顔を埋め尽くし… 苦難と手術の末、誇りを取り戻す!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル