5月24日はマンガ家の山田花子が投身自殺を遂げた日! カルト的な人気を獲得するも統合失調症を発症し…

(画像は山田花子作『神の悪フザケ【改訂版】』青林堂/1994年刊)

『「神の悪フザケ【改訂版】」表紙の山田花子のポートレート』

 1992年5月24日は、わずか15歳でデビューを果たし、『神の悪フザケ』『魂のアソコ』等多くのオリジナリティー溢れる作品を残したマンガ家の山田花子が、投身自殺を遂げた日である。


 『なかよし』(講談社)というメジャー誌でデビューしたものの、幼少期からイジメられてきたというバックボーンもあり、リストカットや自殺未遂などの壮絶な経験をマンガ作品として昇華し、当時独特のマンガ文化を牽引していた雑誌『ガロ』(青林堂)で作品を発表するようになった山田。


 その一方でメジャー誌の『週刊ヤングマガジン』での連載『神の悪フザケ』がカルト的な人気を獲得するなど、幅広い活動を続けていた。


 しかし、1992年の2月末に、当時アルバイトをしていた喫茶店を解雇されたことを契機に精神状態に異常をきたし始め、3月4日には統合失調症で入院。


 そして退院後の5月24日に東京都日野市の百草団地の11階から飛び降り自殺を行ない、24年の人生を終えた。


 生来のメモ魔で日記を付けていたこともあり、死に至るまでの経緯は多くの作品となり、その死後に発表された。


 中でも1994年に発表された『自殺直前日記』(太田出版)は実父が編集した私家版の日記を再編集し出版したものであり、経緯は異なるが、どこかアンネ・フランクの『アンネの日記』を彷彿とさせる作品である。


 どちらも、死してなお、人々に作品を送り届けさせるだけの壮絶な人生であったといえるであろう。

 

<5月24日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ