5月25日はフリーアナウンサーの川田亜子が練炭自殺した日! 「母の日に私は悪魔になってしまいました」他殺説も囁かれる不可解な“死”

(写真は川田亜子のブログ『Ako’s Style』livedoor・Blogのトップ画像)

『TBSアナウンサー時代のブログに写る川田亜子』

 2008年5月25日は、フリーアナウンサーの川田亜子が、港区海岸の路上に停めた自家用車の中で練炭自殺をしていた日である。


 2002年にTBSに入社し、報道からバラエティまでをこなす才色兼備の女子アナとして活動し、『Goro’s Bar』等のバラエティ番組ではアナウンサーの範疇に収まりきらない独自のパーソナリティを発揮していた川田。


 他の多くの人気局アナと同様に、2007年には独立してフリーランスとなったところまでは、“既定路線”というようなキャリアに思えたものだった。


 しかし、独立した翌年早々にネガティブな文章がブログを飾り始め、5月7日には「先週から口が回らなく、どうしたものかと悩んでおりました。普段から喋りがなめらかとは言えない私にとっても心配であり、不安が押し寄せてきます。」


 5月8日には「いつもの私がまだ見つけられません。」


 そして極めつきは5月12日の「母の日に私は悪魔になってしまいました。」などというあからさまに異常な文章を残し、5月26日朝、路上に停めた白いメルセデス・ベンツ(川田の所有のものではない)の中で練炭自殺しているところを発見された。


 遺書があったこともあり、警察も自殺として処理したが、その死後、生前の交際相手として名乗り出たマット・テイラーなる平和活動家が他殺説を唱え記者会見を行なうなど、他殺説も根強く囁かれている。


 その真相は現在も明らかになっていないが、自殺の特に多い職業として知られる女子アナウンサーの中にあっても、飛び抜けて不可解な“自殺”であったことは確かである。

 

<5月25日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ