木村花さん、過去に自殺未遂で救急搬送されていた!? 花さんを“追い詰めた”のはテラハ制作側か、それとも…!?

木村花さん、過去に自殺未遂で救急搬送されていた!? 花さんを追い詰めたのはテラハ制作側か、それとも…!?の画像1
画像は「木村花 – Instagram」より引用

 恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演中の女子プロレスラー・木村花さんが5月23日に亡くなった。享年22。所属団体のスターダムは公式サイトで、死因などについては「いまだ把握出来ていない部分もあり、引き続き関係者間の調査に協力してまいります」としているが、関係者によると「硫化水素を発生させて亡くなった。自宅からは遺書のようなメモも発見されている。事件性はなく、自殺とみられる」という。

 木村さんは23日未明、「毎日100件近く率直な意見。傷付いたのは否定できなかったから。死ね、気持ち悪い、消えろ、今までずっと私が1番私に思ってました。お母さん産んでくれてありがとう。愛されたかった人生でした。側で支えてくれたみんなありがとう。大好きです。弱い私でごめんなさい」とツイート。これを見た母親やレスラー仲間が連絡を取り合い、自宅に駆け付けたが、時にすでに遅しだった。

「彼女は過去にも自殺未遂で救急搬送されたことがある。硫化水素を使ったことや、きちんとした文章で書かれた遺書の中身から察するに、衝動的に命を絶ったというよりは、いずれこの日が来ると自分でも予感していたのではないか」

 そう語るのは彼女のファンだ。木村さんを追い込んだのは、アンチによる誹謗中傷。彼女はフジテレビとネットフリックスで放送されている「テラスハウス」に2019年9月から出演。3月に放送された〝コスチューム事件〟を経て、一気にヒール(悪役)キャラとして扱われるようになった。これはテラハのメンバーが木村さんのプロレス衣装を洗濯に回して、収縮させてしまったことが原因で起きた。

関連記事

    プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ