手越祐也退所で「ハメ撮り手越コレクション」が流出の危機か! 有名女優が続々… “手越パンデミック”で芸能界激震か!?

手越祐也退所で「ハメ撮り手越コレクション」が流出の危機か! 有名女優が続々… 手越パンデミックで芸能界激震か!?の画像1
画像は「Johnny’s net」より引用

 “スキャンダルの総合商社”ことNEWSの手越祐也がいよいよジャニーズ事務所を退所するという。

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中に何度も外出し、手越ガールズたちと酒盛りしていたことが発覚。所属タレントが勢ぞろいする期間限定ユニット「Twenty★Twenty(通称:トニトニ)」のメンバーから外され、さらに無期限の活動休止となった。

「ジャニーズの堪忍袋の緒が完全に切れた形ですね。そりゃそうですよ。医療従事者にマスクなどの物資を寄付したり、手洗い動画やエンタメ動画をアップしてファンに寄り添っているのに、手越だけが遊び惚けている。これでは事務所として面目丸つぶれです。ジャニーズ担当記者には『何を書いてもいいから』とゴーサインが出ています」(スポーツ紙芸能デスク)

 芸能活動休止ということは仕事がなくなるということ。当然、ギャラは激減する。遊ぶ金がなくなれば、自由を奪われたも同然。これは手越の「アイデンティティーの死」にほかならない。そのため、すでに退所に向けて、本格始動しているのだ。

「事務所退所は今回の件とは関係なく、もともと考えていたこと。ただ、予定より早まったのは確かです。年々、ジャニーズがコンプライアンスにうるさくなってきたことを、手越はうざがっていました。今秋までに退所するのではないでしょうか」(手越の知人)

 手越と言えば、スキャンダルの総合商社の異名を持つ。2010年には前方不注意で車両事故、14年にはロックバンド「SEKAI NO OWARI」のFukaseと交際していたきゃりーぱみゅぱみゅを寝取り、17年には金塊強奪事件の主犯格の男性と交友、18年には未成年を含む女性たちと酒池肉林、今年に至っては、コロナ禍の中、安倍昭恵夫人の桜を見る会に出席したほか、今回の2度にわたる豪遊……。開いた口がふさがらないとはことのことだ。

「これは発覚したケースというだけで、氷山の一角です。もっと、もっと遊びまくってますよ。みんなびっくりすると思いますよ」(同知人)

 そんな手越に、ようやくジャニーズも重い腰を上げた格好だが、逆になぜこれまでお咎めなしだったのか、不思議ではないだろうか。当サイトは、その裏事情を知る人物を取材することができた。すると、驚くべき言葉が飛び出したのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ