Twitterは中国政府のデマ情報はタレ流し、トランプ大統領には警告を出す!“偽情報ラベル”は事実上の言論弾圧!

Twitterは中国政府のデマ情報はタレ流し、トランプ大統領には警告を出す!偽情報ラベルは事実上の言論弾圧!の画像1
画像は「Breitbart」より

 26日、ドナルド・トランプ米大統領が、郵送投票が不正に利用されることを懸念するツイートを投稿したところ、ツイッターは誤解を与える情報に関する新方針に基づき、同ツイートにファクトチェックを促す警告ラベル(偽情報ラベル)を添付した。これに対しトランプ大統領は、大統領選への介入だと非難、近くソーシャルメディアに関する大統領令に署名する意向を明らかにしている。

 そうした中、米保守系ニュース「Breitbart」(27日付)が、「ツイッターはトランプ大統領をファクトチェックしたが、中国共産党にはしない」と題した記事を掲載、ツイッターの偏った方針に疑問を投げかけた。

 Breitbartによると、ツイッターはファクトチェックの方針を他の政府や国家元首には適用していない。たとえば、3月12日に中国外務省の趙立堅・副報道局長は、「米軍が疫病を武漢に持ち込んだ」という主旨のツイートをしたが、ツイッターはこれを削除することを拒否し、事実確認もしなかったのだ。ツイッターの広報担当者は、米リベラル系ニュース「Daily Beast」(3月23日付)のインタビューに対し、同ツイートは、ツイッターの利用規約に違反していないと語ったという。

「Securing Democracy’s Media」のブレット・シェーファー氏によると、中国は外交用のツイッターアカウントを量産しており、その数は前年比の3倍に増えたという。今年4月の初めから200以上の外交・国営メディアのツイッターアカウントから、コロナウイルスに関する9万以上のツイートを投稿しているそうだ。

Twitterは中国政府のデマ情報はタレ流し、トランプ大統領には警告を出す!偽情報ラベルは事実上の言論弾圧!の画像2
趙立堅氏のツイッターアカウント。画像は「Twitter」より

 その内容は「今まで以上に攻撃的で陰謀的」になっており、中国外務省は今月8日にも、「米国は透明性と調査を要求し続けているが、なぜ米国自身が(米陸軍の医学研究施設である)フォート・デトリックや他のバイオラボを国際的な審査のために開放しないのか? なぜWHOと国際的な専門家をアメリカに招いて、COVID19の由来を調べないのか?」とツイートし、新型コロナウイルス米国由来説を再び流布しているとのことだ。

 しかし、このような状況にもかかわらず、ツイッターは中国政府系アカウントが流す情報の事実確認を拒否し続け、一方でトランプ大統領はファクトチェックの対象にされているという。Breitbartによると、ツイッターは自らトランプ大統領のツイートをファクトチェックすることを決定し、ツイッターの社員によって選ばれた、“トランプ大統領を嘘つきと呼ぶ”主流メディアの記事をリンクしているとのことだ。

 Breitbartの指摘が事実であれば、ツイッターの恣意的なファクトチェックは“検閲”以外の何物でもない。これは非常に由々しき事態である。また中国政府の情報操作も極めて悪質と言えるだろう。真相解明が待たれる。

 

参考:「Breitbart」、ほか

編集部

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

Twitterは中国政府のデマ情報はタレ流し、トランプ大統領には警告を出す!“偽情報ラベル”は事実上の言論弾圧!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで