これはクセになる! 中毒性が半端じゃない「バウンス・オフ!」

これはクセになる! 中毒性が半端じゃない「バウンス・オフ!」の画像1

 アナタの知らない“オモシログッズ”が数多く存在する世の中―。「発想が面白い!」と称賛するグッズもあれば、中には一風変わったヘンテコなモノも。本稿では、そんなオモシログッズの中から“コレは…”と思うものを1つ厳選。私見全開で徹底レビューしていきます。果たして本日は、どのようなオモシログッズと出会えるのでしょうか。

 

■本日のアイテム「バウンス・オフ!」

 たまにはテーブルゲームで遊びたいけど、有名な物はあらかたやりつくしてしまった私。なにか変わったゲームは無いものかとネット通販を徘徊していたところ、「バウンス・オフ!」(1507円/税込)なるテーブルゲームを発見しました。はたしてテーブルゲームマスターである私を楽しませてくれるのか、期待を込めてレビューしていきます。

これはクセになる! 中毒性が半端じゃない「バウンス・オフ!」の画像2

 

 同商品をパッケージから出してみると、6×6の穴が空いたトレー・9枚のカード・ボールホルダー・16個のボールがお目見え。ボールはイエローとブルーに分かれており、大きさと重さはピンポン玉くらいです。

これはクセになる! 中毒性が半端じゃない「バウンス・オフ!」の画像3

これはクセになる! 中毒性が半端じゃない「バウンス・オフ!」の画像4

これはクセになる! 中毒性が半端じゃない「バウンス・オフ!」の画像5

 

 いったいどうやって遊ぶのか想像もつかないと思うので、まずはルールを説明していきましょう。最初にカードを1枚引きます。カードには、トレーにハマったボールたちのイラストが。ボールを1回以上バウンドさせてトレーに投げ入れ、自分の色のボールがカードのイラスト通りに並べばオーケー。カードの通りにボールが配置できた人はそのカードがゲットでき、最終的に3枚のカードを手にできたら勝利となります。

これはクセになる! 中毒性が半端じゃない「バウンス・オフ!」の画像6

これはクセになる! 中毒性が半端じゃない「バウンス・オフ!」の画像7

これはクセになる! 中毒性が半端じゃない「バウンス・オフ!」の画像8

 

 実際に遊んでみると、ワンバンさせてからトレーにボールが入っていくのが快感…。意中の場所に入れるのはなかなか難しいですが、だからこそ入った時の喜びも大きいというもの。これこそ私が求めていた、中毒性のあるテーブルゲームです。

これはクセになる! 中毒性が半端じゃない「バウンス・オフ!」の画像9

■商品の波動チェック
これはクセになる! 中毒性が半端じゃない「バウンス・オフ!」の画像10 ではここからは「BAKETAN 霊石 -TOCANAスペシャルバージョン- PRO」を使って、同商品と私の相性をジャッジしてみましょう。一般的に幽霊探知機として知られる「BAKETAN」ですが、じつは自分にとって相性の良いものを選ぶときにも使うことができます。一時はパチンコ、パチスロで当たる台を探すのにも使われていたとか。

これはクセになる! 中毒性が半端じゃない「バウンス・オフ!」の画像11

 

 そして今回「BAKETAN」で検出された色は「青緑」。どうやら「バウンス・オフ!」は、私にとって“やや良いエネルギーを持つアイテム”のようですね。

■総合評価
ユニーク度:★★★★★(独創的なゲーム性がユニーク♪)
コスパ:★★★☆☆(4人で遊ぶなら安いかも)
中毒性:★★★★★(バウンドがクセになってやめられない!?)

※価格は購入時のAmazon実売価格です。

 

(文=サガミハラインコ)

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ