中部地方の混浴温泉に“夫婦スワッピング”の風習が存在!? 由緒正しき「裸の付き合い」の実態を暴露

【日本奇習紀行シリーズ 中部地方】  

中部地方の混浴温泉に夫婦スワッピングの風習が存在!? 由緒正しき「裸の付き合い」の実態を暴露の画像1
画像は「getty images」より

 古くから多くの観光客で賑わいを見せる温泉場というものは、得てして、湯治場としてのみならず、色町としての“夜の顔”を併せ持つものであるが、多くの人々が知るように、そこで行われている男女の情交というものは、よそ者である観光客を相手とするビジネスであった。それに対し、出湯の里でありながらも、観光地となっていない土地においては、そうしたビジネスとは一線を画す、地元民による艶っぽい逸話が数多く残されている。

 

「そうね、ここいらは昔から温泉だけはしこたまあってね。そのせいか、みんなが裸の付き合いをしていたもんだよ」

 

 中部地方のとある山間の寒村で行われていたという、村人たちの不思議な混浴習慣についてそう語りはじめたのは、現在も当地で暮らし、日用品を売る小さな商店を営んでいる清水邦憲さん(仮名・81)。清水さんの話によると、その昔、当地で暮らす夫婦たちは、こぞって、村の共同浴場で混浴し、淫らな行為に耽っていたのだという。

 

「風呂に行くときはね、大抵、夫婦そろってなんだけども、当然、よその夫婦とかち合うこともあるの。で、お互いに何も隠さずに体を洗ったりするんだけども、そうこうしているうちにムラっとしてきたら、旦那同士が相談して、OKならば、お互いに見せあいながら、イタするというわけ」

中部地方の混浴温泉に“夫婦スワッピング”の風習が存在!? 由緒正しき「裸の付き合い」の実態を暴露のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで