【近親相姦】身体を洗われているはずが、いつの間にか“手コキ”になって…「ぴゅぴゅっ」! 従姉相手に“筆おろし”する東北のしきたり

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】

【近親相姦】身体を洗われているはずが、いつの間にか手コキになって…「ぴゅぴゅっ」! 従姉相手に筆おろしする東北のしきたりの画像1
画像は「ゲッティイメージズ」より引用

 人生最初となるセックス、すなわち「初体験」の記憶というものは、その内容の善し悪しに関係なく、多くの人々にとって、いくつになっても忘れ得ぬものになる性質があるようだ。

 

「うーん、さすがにこの歳になるとね、昔のことだし、そもそも気恥ずかしいことでもあるから、うまく話せるか分からないんだけども……」

 

 自身が実際に体験したという、一風変わった“初体験”にまつわる風習についてそう語りはじめたのは、東北地方のとある海沿いの小さな集落で生まれ育ち、現在もなお、当地で貝類の養殖を行っている田村清房さん(仮名・83)。田村さんの話によれば、その昔、当地の少年たちは、赤の他人ではなく、血の繋がった従姉相手に、筆おろしをするという、なんとも不可思議なしきたりが存在していたのだという。

 

「私もね、そういうことがしきたりだったというのを知ったのは、大人になってからだったのですが、あれは忘れもしない、私が13になった年の春。たしか5月くらいだったと思います。近くに住んでいた母方の叔母がね、蔵の片づけを手伝って欲しいというんです。それで手伝いにいったんですが……」

 

 蔵の荷物整理という名目で、叔母の家へと出向いた田村さん。彼は叔母の言うがままに蔵の掃除や荷物整理をし、その礼ということで、小遣い銭をもらったという。だが、その後、田村さんには思わぬ展開が待ち受けていた。

 

「片付けが終わった後で、汗もかいたし、汚れたもんだから、風呂に入っていくように言われて。それで風呂を借りて身体を洗ったりしていたんですが、そうこうしているうちに、その家の9つばかり年上の従姉が入ってきたんです。“身体を洗ってあげるから”って。私もね、色気づきはじめた頃でしたから、恥ずかしくて困り果てたんですけども、なんていうんでしょうかね、そういう恥ずかしさと同時に、自分の裸を従姉に見せたいっていう妙な気持ちも出てしまって……それで結局、体を洗ってもらうことになったんですよね」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ