コロナの影響でアイドルが次々脱ぎ始める!? アイドルの風俗化が加速…専門家が警鐘!

関連キーワード:

,

,

コロナの影響でアイドルが次々脱ぎ始める!? アイドルの風俗化が加速…専門家が警鐘!の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 キャバクラ商法とも呼ばれたアイドルの接触ビジネスモデルが崩壊寸前だ。新型コロナウイルス問題で「ソーシャル・ディスタンス」(社会的間隔)が新しい生活様式として求められる中、ライブイベントや握手会などアイドルと“会わせる”ことを売りにした活動がかなり厳しいものとなっている。運営側の収益激減は避けられず、アイドルや風俗に詳しいフリーライターの高山登氏は「会いに行けるアイドルとして売ってきたものが、これから別の方向で活動の過激化が予想される」と言う。

「最近、乃木坂46の堀未央奈が写真集などで下着姿を見せるようになりました。濃厚接触や三密になってしまうライブや握手会ができないで“脱ぎ仕事”が増えるのは、稼げなくなったアイドルに事務所がヌード仕事をさせられる流れとソックリで、今後はその傾向に拍車がかかるのでは」

 高山氏は今後、「生配信の映像などを通じて、ファンとアイドルが対面するようなシステムが活性化し、グッズ購入などを必死にセールスするようになる」と見ているが、「それでも握手会での対面の興奮にはとても及ばないので収益がこれまでより大幅にスケールダウンする」と言う。その結果、脱ぎ仕事とも呼ばれるセクシー路線が強まる可能性があるわけだ。

 しかし、これは先日、大炎上した岡村隆史の問題発言にも通じるところがある話だ。岡村は4月23日放送のニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で、新型コロナウイルス感染が収束したら「もう絶対面白いことある」として「短期間でお金を稼がないと苦しいですから、3カ月の間、集中的にかわいい子がそういうところでパッと働いてパッとやめます。え、こんな子入ってた?っていう子たちが絶対入ってきますから」と話したが、貧困女性が望まないで性産業に従事する社会問題を「楽しみにする」という解釈から、かなりのバッシングを受けて謝罪に至った。

 アイドルたちが収入減によって望まない脱ぎ仕事をさせられるのだとすれば、これぞまさに貧困女性の性産業従事に通じる話と見ることもできる。もちろん、アイドルの場合は好きでその仕事を選んでいて、イヤならいつでも脱退や引退の決断をすることができるが、高山氏は「まだ精神的にも幼い若い女性アイドルだと、事務所サイドに対してハッキリ決断を言い出せず、事務所に言われるがままズルズル脱ぎ仕事に応じて、後になって悔やむケースだって実際にある」という。

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
8月10日~16日「今週のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い!先回りして回避、ラッキーアニマルも…Love Me Doが伝授!

8月10日~16日「今週のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い!先回りして回避、ラッキーアニマルも…Love Me Doが伝授!

■2020年8月10日~16日運勢「今週の不幸を回避し、...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ