6月1日は元ナチス将校アドルフ・アイヒマンが処刑された日! ユダヤ人大量殺戮を指揮した「うだつの上がらない中年男」

(写真はWikipedia Otto Adolf Eichmannより。Public Domain)

『イスラエルの刑務所に収監されたアイヒマン』

 1962年6月1日は、第二次世界大戦において、ナチスドイツのユダヤ人問題の最終解決=ホロコースト(ガス殺での絶滅作戦)の陣頭指揮を任せられた軍人、アドルフ・アイヒマンが絞首刑にされた日である。


 “冷酷無比なサディスト”というパブリックイメージで語られていたが、戦争責任者の逮捕に執念を燃やしていたモサド(イスラエル諜報特務庁)に身柄を拘束されたのは、うだつの上がらない、ごく一般的な中年男だった。


 主に「人道に対する罪」「ユダヤ人に対する罪」で裁かれた結果、死刑制度のないイスラエルで有史以来初の絞首刑が確定。


 「100人の死は天災だが、1万人の死は統計にすぎない」と自らの公判で述べ、500万人ともいわれる世界史最大級の殺人任務を平然とこなした男の等身大な実態が明らかになるにつれ、世界は驚愕した。


 その一方で、アメリカの心理学者、スタンリー・ミルグラムはその内面に興味を引かれ、残酷な空間に置かれた人間の心理状態を確かめる「ミルグラム実験」、通称“アイヒマン・テスト”を行ない、「一般的な人物でも環境次第では残酷な行為を平然にこなすようになる」という結果を発表した。


 “誰もがアイヒマンになり得る”というその論説は、人間を自省を伴う新たな次元に導いた実験結果だったともいえるだろう。

 

<6月1日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

6月1日は元ナチス将校アドルフ・アイヒマンが処刑された日! ユダヤ人大量殺戮を指揮した「うだつの上がらない中年男」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで