「持続化給付金」再委託、電通から下請けした派遣会社の求人発見!! 実態は「中抜き4連発」ヌキまくって時給1,320円か!

 派遣切りが続出し、失業者があふれかえっているという昨今、一部の派遣会社は特需である。コロナで経済停止と言われているなか、大量募集でイケイケである。

 これはもちろん、電通、パソナ、トランスコスモスらが設立した「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」が経産省と769億円で契約した「持続化給付金」の業務が、大手広告会社の電通に約749億円で“再委託”され、そこから更にパソナとトランスコスモスに外注していたことが分かった問題だ。

TBS NEWSより引用


 当然、野党は「電通が直接受託すればコストダウンできた。中抜きではないか」と指摘している。

 これを受け、筆者は2月~3月にかけて給付金に関する多くの募集を発見した。なにもパソナが受注したからといってパソナに求人が出るわけではない。求人を掲載しているのは、そこから更に委託された新興の中小派遣会社のS社やB社などで、なぜこれらの会社が給付業務を請け負っているのか不明だ。一口に派遣といっても最近では孫請け、曾孫請けが多く、二段階、三段階にマージンが抜かれているのだ。

 では、筆者が探し当てた求人広告を掲載しよう。


●求人1

【期間】5/11(月)~6/30(火)※延長の可能性も有

【業務内容】
助成金/補助金申請に関するデータ入力、書類チェック業務等
電話対応は一切ありません。

【時給】
OP:1800円(交通費込)※深夜2250円(交通費込)

【就業時間】
21:00~6:00(休憩60分)
※22:00~5:00は深夜割増

【就業曜日】
月~金(週3~5日OK、固定もOK)
土日祝日はお休み

【服装】
制服(無料貸与)

【業務内容】
助成金/補助金申請に関するデータ入力、
電話対応は一切ありません♪
細かく・モクモクとやる業務なので、モクモクとやる業務が好きであれば問題なくできます


●求人2

【業務内容】

\10名募集!/

調査・リサーチ会社での補助金に関わる申請書のチェック・入力をお願いします。

<具体的には・・・>
▼紙の申請書類とデータの付合せ
▼記入事項に誤りがないかどうか項目毎に確認
▼必要書類が揃っているかどうかの確認

→チェックリストに沿って確認頂きます。

【給  与】
時給1,320円(通勤手当相当額含む)


 開始日が5月11日~というのも持続化給付金の業務以外は考えられない。場所は都内にある大手印刷会社の工場で、制服ありというのは工場内では指定制服を着用しなければならないためである。ここから推測すると、サービスデザイン推進協議会→電通→パソナかトランスコスモス→大手印刷会社→中小派遣会社と、派遣労働者から見たら4回も中抜きされて募集されていることになる。一番下の求人は時給や勤務先から推測すると中小派遣会社からの孫請けと思われる。4回中抜き後で1320円は安いのか高いのか。

 提供された情報を見ると、これ以外にも、補助金申請の問い合わせ対応業務も同時に募集されている。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ