NEWS・手越祐也の逆襲が始まった! 侮れぬ六本木人脈と退社Xデー「キャバクラ手越は成功する」

NEWS・手越祐也の逆襲が始まった! 侮れぬ六本木人脈と退社Xデー「キャバクラ手越は成功する」の画像1
画像は「Johnney’s net」より引用

 “手越の逆襲”が始まった。

 ジャニーズグループ「NEWS」の手越祐也は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言下に何度も外出。先月26日にジャニーズ事務所から無期限の活動休止処分が下され、退社報道も飛び交っている。ネット上では「自業自得」「大人として自覚が足りない」「芸能界引退しろ」と批判の声が上がっているが、今月2日に突如、ツイッターのトレンドワードに「手越くんがお弁当の寄付」が浮上。調べると、手越がシングルマザーとその子供にお弁当を無償で届けるボランティア活動に励んでいたことがわかった。

 ジャニーズ事務所ではスキャンダルを起こしたタレントにボランティアをやらせる傾向にある。昨年も週刊誌で女性とのベッド写真が報じられた「HiHi jets」橋本涼が、滝沢秀明副社長に連れられ、台風15号で甚大な被害を受けた千葉県でボランティアに励んだ。

 今回も好感度ダダ下がりの手越をフォローするために、ジャニーズ事務所が仕掛けたものかと思いきや…。舞台裏を知る関係者いわく「全く違います。本当に手越が個人的に手を差し伸べたことです」。手越が携わったのは「INGプロジェクト2020~お弁当でシングルマザーの力に~」というプロジェクト。手越の“庭”でもある東京・六本木でカジュアルイタリアン「Noza Caza」を運営する株式会社SASAが、新型コロナの影響で生活が苦しくなったひとり親家庭にメッセージ付きのお弁当を無料で配達するというものだ。運営資金はプロジェクトに賛同した企業や個人の寄付で、お弁当には寄付した企業や個人の名前が印字されている。

「手越とその店はもともと馴染みがある。店から頼まれ、手越が快く承諾したというシンプルな構図で、そこにジャニーズ事務所は介在しません。一部女性誌では大きなリュックを背負って自転車で颯爽と弁当を届ける手越の写真も掲載された。事前リークがなければこの手の写真はまず撮られない。おそらく今後を見据えた手越周りの実業家が流したのだと推察されます」(週刊誌記者)

 ネット上では退社報道のあった手越に対し「ジャニーズという後ろ盾がなければ何もできない」という指摘が相次いでいる。実際、芸能活動で言えばそうだろう。

 しかし、手越の目指すところはそこではない。事情を知る関係者によると「もともと『30歳までに芸能界を辞め、実業家になりたい』と言っていた。芸能界にそこまで固執しているわけではない」という。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ