巨人・坂本勇人がコロナ陽性でも6.19開幕を突き進む読売グループの思惑とは!? 「微陽性」なる新語に「ビヨンセ?」とツッコミも

巨人・坂本勇人がコロナ陽性でも6.19開幕を突き進む読売グループの思惑とは!? 「微陽性」なる新語に「ビヨンセ?」とツッコミもの画像1
読売巨人軍公式WEBサイトより


 何が何でも開幕を目指すようだ。プロ野球・読売巨人軍は3日、キャプテンの坂本勇人内野手と大城卓三捕手が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと発表した。

 球団によると、全選手や監督、コーチ、スタッフに希望を募った上で、希望者全員に都内の大学医学部の研究に参加する形で、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査を実施。5月29日から31日に希望者全員218人の採血を行い、選手とスタッフの計4人から新型コロナウイルスの感染後に回復したことを示す抗体が確認された。

 その後、専門家指導の下、都内の医療機関に協力を依頼し、2日夕方にPCR検査を4人に実施したところ、坂本と大城の2選手から陽性判定が出た。

「3日午後に一報が流れるや、マスコミは大騒ぎでした。19日にプロ野球の開幕を控えていたためです。2選手の感染経路は不明で、濃厚接触者の洗い出しなどの時間を考えると、とても開幕できるような状況にはない。ある球団の幹部は『やってくれたな…』と顔をしかめていました」(スポーツ紙記者)

 だが、ここからが“球界の盟主”たる読売グループの凄まじいところだった。球団は同日午後6時に会見を行い、ことの経緯を報告。2選手は3月下旬以降、体調に問題なく、味覚・嗅覚の異常もなし。検査前から2週間前まで遡り行動を確認したところ、坂本は5月29日に友人と昼食をとった以外、大城は同28日にチームメート2人と2時間、夕食をとった以外、外食も夜の外出も一切していなかったという。

 さらに2選手について、新型コロナウイルスの遺伝子量(CT値)は微量で、正常値ぎりぎりの「微陽性」にあたる上、ともに回復を示すIgG抗体を持っていることから、専門家からは2選手とも感染から回復した後、かなりの時間がたっているとの見解を得ているとした。

 微陽性――。いきなり飛び出した新ワードにネット上では「ビヨンセ!?」とツッコミが殺到。前出記者は「被害を最小限に食い止め、他球団から責任を追及されないよう、読売グループが知恵を出し合った末の発表でした。主導したのは、〝ポスト・ナベツネ〟の呼び声高い山口寿一・球団オーナー兼読売グループ社長。実は、読売だけでもコロナによる開幕延期で100億円以上の損害をすでに被っている。再び延期となれば、いかに天下の読売とはいえ、シャレにならない状況に追い込まれる。それだけは何としてでも避けなければならなかった」と話す。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ