【リアル新宿スワン】歌舞伎町ヤクザのスカウト狩り映像入手! 一般人がボコられ…TVで報じられない暴力団の闇、身長190センチの男が金属バットで!?

 ここ数日、新宿・歌舞伎町が騒がしいが、マスメディアでは絶対に放映されない映像が最近撮影された。


 今も連日にわたってスカウト狩りは続いている。

“歌舞伎町の街を駆ける数え切れないほどの暴力団組員”

“その先には暴力団員に囲まれている人々”

 一体何が起こっているのか? 関係者の取材をもとにその“裏事情”に迫った。

 この映像はSNSを通じて拡散され、多くのデマも飛び交い、歌舞伎町を訪れる人間を恐怖に陥れているが、事の発端は歌舞伎町を根城にしているスカウト会社の引き抜き問題だ。

「ナチュラルというスカウト会社があります。A兄弟という身長が190センチくらいある元消防士の兄弟が経営していますが、その会社が大問題を起こしたんです」(歌舞伎町飲食店関係者)

 歌舞伎町を歩いたことがある女性なら、しつこいくらいに水商売や風俗のスカウトに勧誘された経験があることだろう。こうしたスカウトを行なっていたのがナチュラルだ。

「スカウトはヤクザの縄張りの中で守られています。それぞれのスカウト会社が、ケツ持ちのヤクザに金を払って面倒を見てもらっているんです。

 問題となっているナチュラルは、住吉会幸平一家の下部組織であるB組に面倒を見てもらっていたのですが、競合しているスカウト会社Cの社員を引き抜いたことでトラブルになりました。Cは同じく住吉会幸平一家の下部組織であるD組が面倒を見ています。そこから大問題に発展しました」(前出歌舞伎町飲食店関係者)

 スカウト会社のトラブルで、それぞれの面倒を見ているヤクザが駆け付けたところ、ナチュラルのA社長が金属バットを双方のヤクザに振り回し、反旗を翻したことから大問題となった。先述したように両者の面倒を見ている組織は、同じ住吉会幸平一家の下部組織のため、団結しナチュラルの制裁・撲滅を決意したという。

【リアル新宿スワン】歌舞伎町ヤクザのスカウト狩り映像入手! 一般人がボコられ…TVで報じられない暴力団の闇、身長190センチの男が金属バットで!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで