6月15日はカニバ・佐川一政がオランダ人女性を殺害、その死体を食べ、屍姦した罪で逮捕された日

「映画『カニバ』の宣伝フライヤー」

 1981年6月15日は、当時パリに留学していた日本人留学生、佐川一政が、オランダ人女性のレニー・ハートベルを殺害し、その死体を食べ、屍姦した罪でパリ警察に逮捕された日である。


 この事件が明るみに出る前にも、日本で同種の目的のためにドイツ人女性を襲ったこともあるという佐川は、6月11日にハートベルを呼び出し銃殺。そのまま人肉食や屍姦等の極めてアブノーマルな性癖に基づく凶行を犯した。


 このニュースは全世界的に衝撃を与えたが、何よりも不幸なことに、佐川はフランス警察により心神喪失状態にあったとして罪に問われず、日本へと送り返されたのである。それは、日本で精神科に強制入院と検査を行なった結果、責任能力を保有していると申し出ても、フランス側の無罪は変わらなかった。


 そしてこのあと、世にも残酷な事件を犯した佐川は、一躍マスメディアで取り上げられる“不思議な有名人”として生きてゆく。


 そのきっかけとなったのが、俳優・劇作家の唐十郎との往復書簡を元に書籍化した『佐川君からの手紙』(1983年/河出書房新社)であり、同書は第88回の芥川賞を受賞したほどであった。


 以降、各種メディアに登場した佐川は、自らの死体食愛好癖をはばかることなく公言し、自らも各雑誌メディアで連載を開始、『まんがサガワさん』(2000年/オークラ出版)等の著書を大量に出版したほか、挙げ句の果てにはアダルトビデオや、事件自体を再現した映画『喰べたい。』(1994年/監督・山地昇)等にまで出演を続けた。


 異常性犯罪者を取り巻く環境は、フランス警察の特殊な判断により、犯罪者がその犯行をネタとして商売をするという、世界的にも稀に見る不条理のまっただ中にあった。


 2019年にはドキュメンタリー映画『カニバ』が公開された。


 病床で晩年を送っている佐川だが、その人生のスポットライトが犯罪を犯した後に待っていたのは、果たして、幸せだったといえるのだろうか。

編集部

6月15日はカニバ・佐川一政がオランダ人女性を殺害、その死体を食べ、屍姦した罪で逮捕された日のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで