6月17日は宮崎勤の死刑が執行された日! オタク、ロリコン、カニバリズム、4〜7歳の幼女4人が…

関連キーワード:

,

,

6月17日は宮崎勤の死刑が執行された日! オタク、ロリコン、カニバリズム、4〜7歳の幼女を4人が...の画像1
(画像は滝野隆浩著『宮崎勤精神鑑定書』2000年/講談社刊)

『滝野隆浩著「宮崎勤精神鑑定書」の表紙』

 2008年6月17日は、1988年から翌年にかけて発生した「東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件」の犯人、宮崎勤の死刑が執行された日である。


 4歳~7歳の4人の幼女を誘拐、強制わいせつ、殺害をした「東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件」(1988年)の犯人である宮崎。


 5件目の犯行は東京都八王子市で幼い姉妹に写真を撮らせてほしいと声をかけ、自家用車内で妹を全裸にして撮影しているところを、逃げ出した妹が連れてきた姉妹の父親に取り押さえられ、逮捕された。


 4人目の被害者の人体を食べたことでも、その特異な性癖がクローズアップされたが、オタク趣味、ロリコン性癖、猟奇趣味など、逮捕後に差し押さえられた大量のビデオテープコレクションにより、宮崎の好んだ様々な映像作品に批判の矢が向けられるという社会現象が起きた。


 また、逮捕後の不安定な発言の数々から精神鑑定が為されたが、結果的に責任能力はあったと判断され、本人は絶えずその恐怖を公言していた絞首刑での死刑となった。


 その死刑確定から執行までの時間が2年4カ月という異例の早さであり、精神鑑定も続行していた最中であったことから、その執行には批判の声も上がったが、そのスピ−ドは、それだけ大きな社会的影響力を持った事件であった証明ともいえるだろう。


「醒めない夢の中で起きた」とは最初の公判で宮崎が口に出した言葉であるが、彼が見た夢は、社会の悪夢そのものでもあったのだ。

 

<6月17日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ