【閲覧注意】ワニに喰われた7歳少年の遺体を取り出す恐怖の光景! 未消化だが、変わり果てた姿に!=インドネシア

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】ワニに喰われた7歳少年の遺体を取り出す恐怖の光景! 未消化だが、変わり果てた姿に!=インドネシアの画像1画像は、「BestGore」より

 インドネシア・マルク州ブル島で今年4月8日、7歳の少年が行方不明となった。少年はエアブアヤ地区ワイミンギット村のビーチで泳いでいたが、家に帰ってくることはなかった。家族が行方不明の届け出をしたため、地元の捜索救急局とマルク水空警察、エアブアヤ警察の職員で構成され合同捜索救助チームが少年の捜索を開始したが、ビーチの沿岸からは何も見つからなかった。

 そして翌日、チームが付近の川を捜索したところ、水中から体長5メートルのワニが見つかった。このワニを撃ち殺して体を切り開いたところ、中から少年の遺体が出てきた。当時の様子を映した動画が海外の過激ニュースサイト「BestGore」で公開されている。

 刃物でワニの体が切り開かれ、内臓が剥き出しになった。さらに内臓が切り開かれる。中には、少年の遺体が未消化の状態で詰まっていた。人々は声を上げながら、少年の遺体をスマートフォンで撮影する。大きな布が用意され、取り出された遺体が並べられる。まずは頭が、次に胴体が取り出された。少年の変わり果てた姿である。

 アンボン国立捜査救急局のムスリム委員長は4月9日、「ワニは、少年が行方不明になったと報告された場所から150メートル離れた場所で発見されました。少年の両親は、息子がワニに食べられてしまった可能性があると語りました」と記者団にコメントした。少年の遺体は家族に引き渡され、埋葬されたという。

 ワニに襲われて命を落とす子供が後を絶たない。昨年8月には、フィリピン・パラワン県バラバクで、10歳の少年が巨大なワニに捕食された。少年は2人の兄たちと一緒にボートに乗っていたところをワニに襲われたという。少年の父親が夜通し捜索したが手がかりを得られず、後に漁師が沼で少年遺体の一部を発見した。

 同国では経済と人口が急速に拡大し、町や都市が成長するにつれ、ワニが生息地から追いやられた。その結果、ワニと人間の対立が深まっているという。パラワン県では2015年以来毎年、ワニが人間を襲う事故が発生している。

 人間に危害を加えるワニは邪悪な存在と考えられがちだが、ワニも生きるために行動しているに過ぎない。ワニと人間の共存が求められる。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?