【閲覧注意】中国で犯罪者8人が銃殺刑に処される映像流出! 諦める女、笑う警官、響く銃声… 闇の処刑記録が壮絶!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】中国で犯罪者8人が銃殺刑に処される映像流出! 諦める女、笑う警官、響く銃声… 闇の処刑記録が壮絶!の画像1画像は、「BestGore」より

 中国広東省広州市の中級人民法院が、麻薬密輸の罪に問われていた豪州籍の男性、カーム・ガレスピー被告に対して死刑判決を下した。同被告は2013年12月、広州国際空港から国際便に搭乗しようとした際、預けた荷物にメタンフェタミン7.5キログラム超を隠していたとして逮捕された。

 豪州のペイン外相は中国の判決に対して「深く悲しんでいる」との声明を出し、死刑制度を廃止している同国の姿勢を強調した。一方、中国外務省の趙立堅副報道局長は15日、死刑が麻薬犯罪の予防につながるとし、「豪州側は中国の司法判断を尊重すべきだ」と主張した。

 中国は豪州最大の貿易相手国だが、豪政府が新型コロナウイルスの発生源に関する独立調査を要求し、中国政府が強烈に反発したことから、緊張が高まっている。趙立堅副報道局長は両国の関係と死刑判決の因果関係を否定するが、時期が時期であるだけに、両国の間の溝が深まる恐れがある。

 中国の死刑判決が豪州への報復と解釈される背景には、中国の司法制度に対する国際的な不信感がある。そして、この不信感を増長させる映像が先月12日にYouTubeに投稿されて話題となった。

 2005年に中国で撮影された映像は、夫を殺害した女性が死刑を宣告され、銃殺刑に処されるまでを追ったドキュメンタリーである。彼女は反論しても無駄だと諦めて死刑を受け入れる一方で、残された幼い子供たちがどうなるのかを心配していた。そして、カメラに向かって「真実を聞きたいですか? 中国は法によって統治されている国ではなく、人によって統治されている国です!」と述べた。

 死刑囚8名が処刑場に連れて行かれた。警官が拘束具に緩みがないことを確認した後、銃を構えた死刑執行人が死刑囚の後ろに立った。「撃て!」という号令の直後、銃声が響き渡った。頭を撃たれた死刑囚たちは前のめりに倒れた。冒頭に登場した女性の遺体がアップで映される。背後からは警官たちの笑い声が聞こえてきた。

 女性死刑囚の言葉が正しく、中国が人によって統治されている国ならば、法の解釈も量刑の判断も恣意的であり、死刑相当でない者まで死刑判決を受けている懸念も生じてくる。中国の司法制度は闇に包まれている。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?