滝沢秀明体制を嫌っているジャニーズメンバーとは? 木村拓哉やあの人気コンビも…「愚痴が聞こえる」

画像は「Getty Images」より引用


 ジャニーズ王国を築いたジャニー喜多川社長亡き今、その後継者として名前が挙がるのが滝沢秀明だ。ジャニーズ事務所の副社長、そして関連会社の社長など既にジャニーズ企業グループの中枢にポジションを置く。だが、この滝沢体制には手越祐也が反発していると報じられるなどしている。しかし、苛立っているのは手越祐也だけではないという。

「手越さんが滝沢体制に激怒したというニュースは全てが本当ではないものの、当たっている部分もあると思います。やはり少し前まで同じ演者だったハズなのに、急に経営者の顔をするので嫌になっているタレントは意外に多いんです」(芸能プロ関係者)

 急に経営者の顔とは、どういうことなのか。

「タレントから裏方になる場合、少しずつ慣らしていくものです。しかし、滝沢さんは肩書きが変わると同時に、昨日までの仲間関係を切って、経営者の顔になったんです。もちろん、それだけの責任ある立場なので仕方ないんですが、タメ口で語り合っていた仲間にいきなり敬語で指示を出したりと、反発は出てしまう」(同)

 たしかに急にそこまで変貌すれば戸惑いもあるかもしれない。

「特に先輩にあたるタレントの中にはこの姿勢や人事に疑問を抱いている人もいます。代表的なのは長瀬智也さんと松岡昌宏さんですね。TOKIOは既に事実上の活動休止状態で、事務所を抜けるかどうか考え中のメンバーも多いです。そんな中でこの滝沢体制に入ったので、戸惑いも大きいようで愚痴も聞こえているようです」(同)

 事務所内ではすでにベテラン勢だが、そこに対しても容赦がないようだ。

 さらに同じく、他の先輩からも声があがっているという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ