6月21日は女子テニス選手モーリーン・コノリーが死亡した日! 史上初の年間グランドスラム、19歳ですべての光を放ち終えた人生

6月21日は名テニス選手モーリーン・コノリーが死亡した日! 女子テニス界で史上初めて年間グランドスラムを達成、19歳ですべての光を放ち終えた人生の画像1
(写真はWikipedia Maureen Connollyより使用。Public Domain)

『1953年のモーリーン・コノリー』

 1969年6月21日は、女子テニス界で史上初めて年間グランドスラムを達成した名選手、モーリーン・コノリーが死亡した日である。


 15歳でテニスを始めたコノリーは、たった2年で全米選手権優勝を果たし、翌年1952年からはウィンブルドンを3連覇(全米選手権も3連覇)。


 そして、1953年、わずか19歳の年に、女子テニス界で史上初となる年間グランドスラムを達成した。


 それは、身長165センチという、当時のテニス界に於いても小さなサイズで走り回るその可憐な姿から、“Little Mo”と呼ばれ世界中から愛される小さなチャンピオンの誕生だった。


 しかし、その翌年の全米選手権直前の1954年7月20日、乗馬をしていたコノリーはコンクリートミキサー車にはねられ、馬とミキサー車に挟まるようにして複雑骨折を負った。


 そしてその瞬間、輝かしいキャリアを約束されていた彼女の選手生活は、終わりとなった。


 翌年、アメリカの馬術代表チームに所属していたノーマン・ブリンカーと結婚し、やがて歩行できるところまで回復したコノリーは、テニスの指導も始めたが、1966年に卵巣ガンと診断され、わずか39歳でこの世を去った。


 コノリーだけにかかわらず、我々一般人の身体能力を遙かに凌ぐトップアスリートが満足な日常生活すらできなくなるということは度々起こるケースであるが、本人にとっては我々からは想像できないほどの衝撃であろう。


 ましてや、平均寿命を遙かに下回る死を遂げたコノリーのような例は、人間の生命力というものを考える際に、不思議な影を落とす。


 たった19歳ですべての光を放ち終えたようなその人生は、幸か不幸か、これからもその偉業とともに記憶されてゆくべきである。

 

<6月21日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ