霜降り明星せいや・異常性欲者で、ファン食い漁りの裏の顔!? 「ハメられた」“被害者ヅラ”に違和感!

画像は「吉本興業」より引用

 お笑いコンビ・霜降り明星せいやが、なぜか“被害者”になりつつある。

 文春オンラインは、せいやがウェブ会議システム「Zoom」で対面女性のAさん相手に下半身を露出したとスクープ。「Sなの? Mなの?」「好きな体位は?」などとセクハラトークを連発したのち、なんと自分の局部をどアップで映し、画面越しに自慰行為を見せつけたという。一連の行動にドン引きしたAさんは「女性を何だと思ってるんだ」と怒りの声を上げている。

 ところが、相手方のAさんは既婚であることを隠し、要所要所でせいやの〝蛮行〟をスクリーンショットで記録していたため、ネット上ではAさんに対しても「確信犯」「はなから週刊誌に売ろうとしていた」などとバッシングが相次いでいる。

 当のせいやも「ハメられた」「ハニートラップ」と主張。Aさんの方から男性が誘惑するような挙動があったと説明している。せいやが所属する吉本興業は一部スポーツ紙の取材に、文春報道は公平性を欠くとし「法的措置を取ります」と宣言したという。

 これに週刊誌記者は首を傾げる。

「どうやって訴えるのか? 公平性を欠くと言っても、文春はせいや側の主張もきちんと載せている。Aさんがスクショを撮っていたことや、人妻であることを隠していたという部分も、リスクヘッジならば何の問題もない。吉本は後追い報道が出ないよう、御用メディアを使ってカマしているだけにすぎないのでは」(前出記者)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ