6月23日は『刑事コロンボ』で名声を博したピーター・フォークが死亡した日! 晩年はアルツハイマー病に侵され…

6月23日は『刑事コロンボ』で名声を博したピーター・フォークが死亡した日! 晩年はアルツハイマー病に侵され...の画像1
(画像はWikipedia Peter Falkより。Public Domain)

『刑事コロンボを演じている時のピーター・フォーク』

 2011年6月23日は、刑事ドラマの金字塔『刑事コロンボ』の主役を務めた世界的名優、ピーター・フォークが死亡した日である。


 1968年~1978年までの11年間、そして1989年~2003年の14年間、足掛け35年にもわたり放送され続けた名作テレビ映画『刑事コロンボ』。


 その主役を務めたフォークは若かりし頃はハミルトン・カレッジで政治学の修士号を獲得し、一度は政府の予算局に勤めたこともあるインテリ青年であったが、俳優業への情熱を捨てきれず芸能復帰。


 生涯の当たり役となったコロンボのコミカルでありながら理知的なスタイルは、ピーター・フォーク自身に備わった教養によってより強く確立されたといえるだろう。


 晩年は家族によりアルツハイマー症候群であることが公表され、自らが刑事コロンボであったこともわからなくなっていたという。


 あの髪の毛一本も見逃さぬような名推理を誰もが思い描く人物であるだけに、その最晩年の悲劇はことさらに胸に迫ってくる。

 

<6月23日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ