6月25日はマイケル・ジャクソンが死亡した日! スキャンダルに塗れた“キング・オブ・ポップ”の謎の最期

6月25日はマイケル・ジャクソンが死亡した日! スキャンダルに塗れたキング・オブ・ポップの謎の最期の画像1
(写真はWikipedia Michael Jackson より)

『オーストリア、エルンスト・ハッペル・シュターディオンで歌うマイケル・ジャクソン』1988年6月「BADツアー」より

 2009年6月25日は“キング・オブ・ポップ”と呼ばれ、その生涯のほとんどをスーパースターとして生きた歌手、マイケル・ジャクソンが死亡した日である。


 1968年、10歳の頃、4人の実兄と結成した「ジャクソン5」でのメインボーカルとしてデビュー。モータウンレコードと契約し『I Want You Back』『ABC』『I’ll Be There』と立て続けに全米ナンバー1ヒットを連発、一躍世界的スターダムにのし上がった。


 1971年頃からはソロ活動を始め、『Billie Jean』『Thriller』『Bad』等、全世界的な大ヒットナンバーを連発。ミュージックビデオ製作やムーンウォークに代表されるダンス等、現在のポップミュージックに必用とされるあらゆる要素のパイオニアとして、地球規模のスーパースターとなった。


 その一方、私生活ではエルヴィス・プレスリーの実娘リサ・マリー・プレスリーとの短すぎる結婚に始まり、絶えず変わり続けたヴィジュアルの整形手術疑惑、生涯を通じて白くなってゆく肌(検死により尋常性白斑という奇病と判明)、子供たちへの性的虐待疑惑、と、エンターテイメント業界の光と影を体現するかのようなスキャンダラスな人生を送った。


 そしてその最期もその人生と同様、混乱の中でのスキャンダルを提供。


 自ら“最後のライブ”と銘打った「THIS IS IT」のリハーサル中の2009年6月25日に、自宅において心肺停止で急死。


 その死後、様々な関係者の間でその原因の追求が始まり、麻酔薬プロポフォールの使用法に問題があったことが判明。


 主治医であったコンラッド・マレイに過失があった故殺であるとして、同医に過失致死罪の有罪判決が下った。


 その他にも遺書の正当性や遺産問題、死後に公開され大ヒットした映画『THIS IS IT』の撮影が周到すぎることに端を発した陰謀殺人疑惑など、数限りないスキャンダルを未だに提供している状態である。


 2019年にもマイケルの少年への性的虐待疑惑をテーマにしたドキュメンタリータッチの番組『Leaving Neverland』が公開され、そのドキュメンタリー性が疑わしいとして話題となった。


 残した数多くの大ヒット曲とともに、“キング・オブ・ポップ”という存在がこの世から消えることはないのかもしれない。

 

<6月25日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ