半グレ「強者」のカリスマで「桜を見る会」に出席の「Y」、石垣島で逮捕か!? 新宿ホスト狩りと関連? 

関連キーワード:

,

,

,

 地下格闘技団体の“強者”の創設者であるYが沖縄県警に逮捕されたという情報が入ってきた。

 Yは今の大阪の“半グレ”の基礎を築いたともいえる人間であり、今でこそ大阪を離れ石垣島でステーキ店を経営しているが、未だにYを慕って石垣島に尋ねていく人間も多いという。

 大阪で準暴力団に指定されている“半グレ”である“アビス”も”拳月グループ“も元は強者であった。

 Yの逮捕案件は労働基準法違反(強制労働の禁止)の疑いだという。

「沖縄には3つの“半グレ”と呼ばれる警察庁から指定されている準暴力団があります。Yの名前と同じ名前の“半グレ”が存在しますが、そこは全くYとの関係性はなく、別のグループです。Yはそれらに属さずに独自に石垣島で地盤を重ねて、今の地位を築きました。生業としてオシャレなステーキ屋をやって真面目にやっています」(実話誌記者)

 Yがここ最近表舞台に現れたのは安倍首相が主催した「桜を見る会」に出席したこと。

「Yの事案は懲役1年以上10年未満の懲役、罰金は20万円から300万円で、労働基準法違反では一番重い刑罰ですが、警察の狙いはそこではなく、これは別件で狙いはほかにあると言われています」(前出実話誌記者)

 石垣島といえば、強引な客引きが社会問題となり、トカナでも報じたが新宿・歌舞伎町のスカウト集団Nの一部が逃げ込んだ地域とも巷では噂されている。

「警察はYを石垣島から出したがっているのは事実です。Yが石垣島に定住してから、街の治安は乱れて、地元の住民を含め観光協会から厳しい取締りを求められています。この労働基準法違反を皮切りにどんどん余罪を立件していくことが警察の狙いでしょう」(同)

 Yのカリスマ性は今も大阪には残っている。

「彼が仕切っていた時代は大阪には“半グレ”は数少なく、Yに憧れて“強者”に入ったという人間も多くいます。Yが大阪を離れた途端に“半グレ”は乱立して、今では100近くの“半グレ”が跋扈している状態で、大阪府警も全容を掴めずにいます」(前出実話誌記者)

 Yの逮捕もマスコミで報道されず、警察発表もされていない裏側には、警察の何かしらの狙いが隠されているに違いない。

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ