ドイツの狂った小児性愛サークル実験「ケントラー実験」 ― 政治家を巻き込み、近年まで続いたグロテスクなペドフィリア実験の全貌

 かつてドイツ政府機関と小児性愛者研究者によって行われた、病的な性的実験について知る者は少ない。その「実験」とは、家の無い幼い子どもたちを、故意に小児性愛者に預けるというものであった。

 そして驚くべきことに、これらの実験は1969年から、つい最近の2003年まで続けられてきたという――。

 

■「ケントラー実験」とは

 今回、この恐ろしい試みの犠牲となった元少年が訴訟を起こし、ドイツ政府が税金を提供した、グロテスクな小児性愛の実験の詳細が公開されつつある。それは「ケントラー実験」と呼ばれていた。

著名な性科学者ケントラーは、小児性愛が少年たちに「肯定的な結果」をもたらす可能性があると主張した 「GreatGameIndia」の記事より



ケントラー実験」は、それを先導した性科学者の第一人者であるヘルムート・ケントラー博士にちなんで名付けられた。当時、博士はドイツ政府の管轄下にある教育学センターの社会教育学科の責任者であった。

 博士は「小児性愛者の男性は、特に愛情のある養父になる」と主張し、「大人と子どもとの性的接触は無害である」と主張していた。

 その結果、1969年にベルリンの福祉当局は、ケントラー博士に、少なくとも3人のホームレスの10代少年を割り当てた。その後、少年たちはケントラー博士の采配によって、小児性愛者として知られている養育者の手に渡された。

 ヒルデスハイム大学が実施した調査によると、ベルリン当局は、この慣習をほぼ30年間も容認していた。そして小児性愛者の養父は、定期的な介護手当さえも受けていたのだ。

 数年前、2人の被害者が進み出て、公に話をした。それ以来、ヒルデスハイム大学の研究者たちは、古いファイルを調べ、当事者にインタビューを行った。

 彼らが発見したのは、この試みに教育機関全体のネットワーク、州の青少年福祉事務所、ベルリン上院が関与しており、小児性愛者は里親として、受け入れられ、支持され、擁護されていた、という。また研究者たちは、里親の数人が有名な学者であることも発見した。

 一方、このスキャンダルが明るみに出てから、米「The Sun」紙は、ケントラー実験に「使われた」3人の被害者とその加害者を特定する事に成功した。それは加害者フリッツ、そして被害者のウルリッヒ、マルコ、ベナロングである。メディアは、当時の里親に繰り返し性的虐待を受けた、少年たちの恐ろしい体験を詳しく報道した。

 犠牲者の一人は、7歳で両親に見捨てられ、ベルリンの路上でB型肝炎に感染した。1990年に当局は少年を小児性愛者に与え、彼は性的暴行を繰り返し受け、その様子はビデオに撮影されていた。

ドイツの狂った小児性愛サークル実験「ケントラー実験」 ― 政治家を巻き込み、近年まで続いたグロテスクなペドフィリア実験の全貌のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで