6月26日は戦後活躍した人気漫画家・福井英一が急死した日! 『イガグリくん』『赤胴鈴之助』、手塚治虫が羨むほどの実力

6月26日は戦後活躍した人気漫画家・福井英一が急死した日! 『イガグリくん』『赤胴鈴之助』、手塚治虫が羨むほどの実力の画像1
(写真は武内つなよし『赤胴鈴之助』第1巻/少年画報社)

『武内つなよし『赤胴鈴之助』の第1巻の表紙』

 1954年6月26日は、戦後期に大活躍した人気漫画家、福井英一が急死した日である。


 スポーツ漫画の原点ともいえる柔道マンガ『イガグリくん』で爆発的ヒットを記録し、同時期に活躍した手塚治虫が羨むほどの実力を誇った好敵手であった福井。


 一作ごと丁寧に仕上げるスタイルの福井は、徹夜も辞さずに大量の作品を描き上げる手塚に対して、激しいライバル心を燃やしていた。


 しかし、その体力が先に尽きたのは福井の方であり、1954年6月25日の作業後に編集者と徹夜で飲酒した翌日に、激しい頭痛を起こし狭心症で急死した。


 その死の直前、顔面蒼白状態であったという証言もあるように、過労を原因とした悲劇であった。


 この死に衝撃を受けた手塚らは出版社を相手取り、原稿料を値上げすることで労働環境の向上を勝ち取ったとされ、福井の死は続く後進のためと活かされたのであった。


 そして、福井が後進へ残したものとして、何より劇的だったのは、福井が1954年に『少年画報』へ連載開始した『赤胴鈴之助』というマンガ作品である。


 読み切り作品の『よわむし鈴之助』を元に、父の形見の赤い胴を身につけ活躍する少年剣士の姿を描いたチャンバラ活劇であった同作は、第1回が掲載された直後の6月26日に作者である福井の死を迎えてしまうのである。


 その死後、武内つなよしが引き継ぎいだ同作は、武内の実力もあってアニメ化、映画化、ラジオドラマ化されるほどの大ヒット作となったが、その元となったのは、早過ぎる死を迎えた天才漫画家の“遺産”であったのだ。

 

<6月26日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ