6月29日は女優「ジェーン・マンスフィールド」が交通事故死した日! ハリウッド初のフルヌード映画が爆発的ヒットも…

(画像はWikipedia Jayne Mansfieldより。Public Domain)

『ジェーン・マンスフィールド主演映画「Promises! Promises!」の宣伝ポスター」

 1967年6月29日は、1950年代にセックス・アイコンとして活躍した女優、ジェーン・マンスフィールドが、34歳で交通事故死した日である。


 舞台女優から映画女優に進出し、金髪とグラマラスな体でセクシーな役どころで人気を博したマンスフィールドは、同時期に活躍したマリリン・モンローのように“金髪女は頭が弱い”というような偏見を表わす代名詞的存在であったが、高いIQと5カ国語を操る言語能力を持つ、極めて聡明な人物であったといわれ、そのイメージを払拭するような意欲的な作品にも数多く出演していた。


 しかし、求められるのは“従来の金髪女的な”演技ばかりであり、女優としての人気絶頂期を過ぎた30代頃になると、彼女が望むような作品からのオファーはやってこなくなった。


 そして人生の晩年(といっても30代前半であるが)に、そのイメージを決定づける作品への出演が決定する。


 その作品、1963年公開の映画『Promises! Promises!』で、マンスフィールドはハリウッド製作で初めてフル・ヌードのシーンを演じ、オハイオ州で公開禁止となるなど議論を呼んだが、映画自体は爆発的な興行収益を上げる作品となったのだ。


 果たして、そのポルノスターとしての大ヒットが彼女にとっての《幸》か《不幸》かはわからないが、その作品からたった4年後の1967年6月29日に、家族と恋人と同乗した車で大型トレーラーに激突。


 後部座席の子供たちはその命を取り留めたが、前の座席に座るマンスフィールドとその恋人は即死した。

 

<6月29日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ