日本一おちんちんが好きな女装男子・月島なるちゃんインタビュー! 小4で“ヒロピン”オナニー、小6でドMセックス…!

日本一おちんちんが好きな女装男子・月島なるちゃんインタビュー! 小4でヒロピンオナニー、小6でドMセックス…!の画像1
月島なるちゃん(女装前後、ヘアメイク・写真=筆者)

 男の娘(女装男子)として活動し、AVに出演したこともある現在25歳の月島なるちゃん。筆者とは女装イベントで知り合い、その後メイクの依頼をしてくれるようになってから仲良くなった。普段は優秀なサラリーマンとしてスーツ姿で勤務している彼は、メールのやりとりも律儀で丁寧。アフターファイブや週末に女装して「月島なる」として過ごしているが、最近では地毛を伸ばしてウィッグを被ることなく女装を楽しんでいる。

「会社では髪が長いのも中性的な仕草も気づかれてるだろうけど、何も言われないし仕事もしっかりしているので大丈夫」

と、周囲の目はまったく気にしていない様子。今回、彼女の半生を詳しく知ろうとインタビューを申し入れた。

■初女装は意外と遅かった!? 性の目覚めは“ヒロピン”

――初めて女装したのは、いつ?

月島なる(以下、月島)  22歳の夏に「Humming bird」という女装メイクのお店で浴衣で女装したのが初めてです。

――都内には女装をさせてくれる店がたくさんあるよね。

月島  浴衣で女装できます、とTwitterに書いてあったのを見て、アポを取りました。なんでHumming birdを知ったのか…… は、うろ覚えなんですが、多分「おちんコス」経由かもしれません。

――同人の女装AVサークルで有名なおちんコス?

月島  はい。おちんコスの存在もTwitterで知って、Humming birdさんのことをリツイートしていたので、全く知らない女装のお店に行くよりも、ちょっとでも知ってるお店に行きたいな~と思って、予約しました。

日本一おちんちんが好きな女装男子・月島なるちゃんインタビュー! 小4でヒロピンオナニー、小6でドMセックス…!の画像2
画像は「Twitter – おちんコス」より引用

――前々から女装願望があったの?

月島  ん~、特にあったわけではないですね。女装してみたら、どうなるかなって考えることがあったくらいで。私は名古屋住みなので、(初女装の時は)コミケのついでにまとめてHumming birdにも行きたかったんですけど、上手くスケジュールが調整できなくて、まずは東京に行ってHumming birdで女装してから名古屋に戻り、翌日は仕事して、その翌日にまたコミケのために東京に行くっていうスケジュールになってしまったので、そう考えると意外と自分、かなり本気で女装したかったんじゃないかって思えてきますね。(笑)

――女装の子のTwitterはチェックしてたり、連絡を取ったりしていた?

月島  いや、してなかったですね。男の娘を描いた同人漫画とかは見てたんですけど。

――でも、おちんコスを知ってたということは女装AVは見ていたの?

月島  同人AVはそこまでハッキリ認識してなかったんですけど、商業用の女装AVは見ていました。美少年出版の『女装美少年」(二村ヒトシ監督による有名な女装AVシリーズ)とかも見たことがあるし、パブセンス(井戸隆明さん編集による女装アダルト雑誌出版社)から出てる雑誌も数冊持ってました。

――じゃあ、自分が女装を始める前から、女装エロに興味ゼロだったわけではなさそうだね。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?