日本一おちんちんが好きな女装男子・月島なるちゃんインタビュー! 小4で“ヒロピン”オナニー、小6でドMセックス…!

■逆レイプも嬉しかった10代

――中学生という多感な時期は、どう過ごしてたの?

月島  中学のときはバドミントン部に入ってたんですけど、そこで私、女子部員のおもちゃにされてて。オナニー見せたり、射精も見せたりしてました。虐められてる訳ではなくて、ノリで。相手の女の子たちは、性に奔放だったんで部活後に体育館でそういう遊びをしてましたね。

日本一おちんちんが好きな女装男子・月島なるちゃんインタビュー! 小4でヒロピンオナニー、小6でドMセックス…!の画像5
月島なるちゃん(ヘアメイク・写真=筆者) 

――それは、仲のいい友達だったってこと?

月島  はい。基本的に男子の友達よりも女子の友達が多いタイプでした。今でも、そうなんですけどね。おもちゃにされてる状況に興奮してたので、その頃からドMだったんだと思います。今、思い出すと、めっちゃ興奮しますけどね。(笑)

――その頃は何気ない日常でも、大人になった今考えてみるとAVみたいなシチュエーションだったって事だもんね。

月島  はい。あと、普通に逆レイプもありました。

――え、なるちゃんが女の子に襲われたってこと!?

月島  はい。小学校の頃から女の子とお家で遊ぶのは日常茶飯事だったから、中学に上がってもよく女の子とお家遊びをしていて。そしたら、ある時ガバッと襲われました。それが初体験なんですけど、私の中ではつい最近までカウントしてなかったです。

――それって、逆レイプがトラウマになって心の傷になったから?

月島  いいえ、それはないんですけど。中高生って、初体験済んだ?とか、そういう話をするじゃないですか。逆レイプの話をするとややこしいので、それはカウントに入れずみんなと会話してました。中2で幼馴染の女の子と付き合って初めて彼女ができましたが、その子とはしてないので、中3で付き合った彼女との体験を初めてとカウントしていました。

――じゃあ、学生時代は性的な関わりは女性だけだったんだね?

日本一おちんちんが好きな女装男子・月島なるちゃんインタビュー! 小4でヒロピンオナニー、小6でドMセックス…!の画像6
イメージ画像:「Getty Images」

月島  いや、中学生のときから男子をトイレとか人がいない所に呼び出して、おちんちんをしゃぶってましたね。

――えぇ、積極的!! 男性の肉体への興味も隠さなかったということ?

月島  男好きっていうよりも、無類のおちんちん好きって感じですね。ふたなり漫画を読んでたということもあって、おちんちんに興味があって、おちんちんが愛しいというか。とにかくしゃぶりたかったんです。

――男子生徒に嫌がられたり、その後気まずくなったりとかはしないの?

日本一おちんちんが好きな女装男子・月島なるちゃんインタビュー! 小4で“ヒロピン”オナニー、小6でドMセックス…!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル