【閲覧注意】TikTok撮影中に感電死した14歳JKがヤバすぎる! 焼け焦げた身体から煙が… 自己顕示欲が招く悲劇=インドネシア

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】TikTok撮影中に感電死した14歳JKがヤバすぎる! 焼け焦げた身体から煙が… 自己顕示欲が招く悲劇=インドネシアの画像1画像は、「BestGore」より

 今月16日、インドネシア西ジャワ州ブカシにある住宅の3階でTikTokの撮影をしていた14歳の女子高生が感電死する事故が起きた。「D」と呼ばれている少女は、3人の友人たちとともに自宅で動画撮影を行っていたが、電気ケーブルの間に携帯電話を落としてしまい、それを取ろうとして感電したとみられている。

 海外の過激ニュースサイト「BestGore」では、Dの遺体を撮影した画像と動画が公開中だ。パラペットにもたれかかったDの体は、服のあちこちが焼け焦げて穴が開き、火傷を負った皮膚が露出している。建物の下から事故現場を撮影した動画では、Dの体から煙が出ているのが確認できる。感電の恐ろしさを物語る動画である。

 TikTokは中国のByteDance社が開発・運営しているモバイル向けショートビデオのプラットフォームアプリで、TwitterやFacebookなどのSNSで動画を拡散する目的で利用される。若者を中心に世界的な人気を集めているが、インドネシアの情報通信省は2018年7月、ポルノや不適切なコンテンツ、宗教冒涜があることを理由に利用を禁止した。情報通信大臣のルディアンタラ氏は次のように述べた。

「アプリには、特に子供に影響のあるネガティブで有害なコンテンツが多く含まれています。TikTokでクリーンなコンテンツの維持が保証されれば、(利用)再開の可能性があります」

 1週間後、ByteDanceが有害なコンテンツの削除に取り組む姿勢を示したため、禁止は解除さた。 2019年3月には、情報通信省が青少年に警告するためのアカウントを作成し、監視を強化した。

 同国で紆余曲折のあったTikTokだが、新型コロナウイルスの影響で人気が再燃。外出を制限された人々が動画を撮影してSNS上で発信している。特に、自己顕示欲を満たしたい若者たちが積極的に利用するが、撮影に夢中になって事故やトラブルを引き起こすこともある。Dもそんな若者の一人だったといえるだろう。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?