撮影中、女優が次々原因不明の痙攣! 人柱トンネルで体調急変! ホラー映画界の雄・柴田一成監督が、最恐心霊体験を暴露!

撮影中、女優が次々原因不明の痙攣! 人柱トンネルで体調急変! ホラー映画界の雄・柴田一成監督が、最恐心霊体験を暴露!の画像1

 日本を震え上がらせた猟奇事件の“その後”と“新事実”を包み隠さず暴露する話題の実写ドキュメンタリー『封印された日本 猟奇事件暴露ファイル』。映画配信・映像制作事業も絶好調のトカナが満を持して世に放つネット配信番組だ。

 昭和・平成の日本を襲った「口にすることさえはばかられる」数々の残虐殺人事件や未解決事件にフォーカスし、その知られざる真実を識者たちが一切のタブーを排して語り尽くすというコンセプトもさることながら、各エピソードを現代の日本を代表する有名映画監督たちが手掛けていることで各界から大きな注目を集めている。

 FILE 1・2を担当した豊島圭介監督(『東大全共闘vs三島由紀夫 50年目の真実』『森山中教習所』ほか)に続き、FILE 3「八王子スーパー強盗殺人事件」とFILE 4「座間9遺体事件」のメガホンを取ったのは、『リアル鬼ごっこ』(2008)や『がっこうぐらし!』(2019)で大ヒットを飛ばした柴田一成監督だ。現実に起きた残虐事件の闇に迫るという難しいテーマに柴田監督はいかに挑み、何を感じ、そして震えたのか!? 後編では、監督本人が実際に遭遇した最恐の心霊体験を語る!

前編はコチラ → 未解決事件スーパーナンペイと座間9遺体の現場が震えるほどヤバい!

■柴田監督のリアル恐怖体験

――ところで、これまで怪談やホラー作品も数多く手掛けられている柴田監督ですが、撮影時に怪奇現象などに襲われたことはないのでしょうか?

撮影中、女優が次々原因不明の痙攣! 人柱トンネルで体調急変! ホラー映画界の雄・柴田一成監督が、最恐心霊体験を暴露!の画像2
柴田一成監督(撮影=橋本美花)

柴田一成監督(以下、柴田)  あれはもう10年以上前のことですが、一度だけ、九州某所のロケでなんとも説明のできない不思議なことがありましてね。当時はまだ若手だったけど、今はもう大ブレイクして有名になった役者たちが数多く出演している映画にプロデューサーとして関わりまして、その撮影の時、彼らが宿泊しているホテルでとんでもない騒ぎになったんです。というのも、複数の女優が急に原因不明の痙攣を起こしたり、気絶したり、「お願いだから部屋を替えてほしい」と次々に訴えてくるんですよ。それで話を聞くと、どうも「空気がおかしい」「妙な気配がする」と真っ青になって語るので……。

――恐ろしい心霊現象ですね。その場所に何らかの秘密があるとしか思えません。

柴田  その時は知らなかったんだけど、後で聞いた話によると、どうもそのホテルがあった場所は戦争時代に命からがら本土に引き揚げてきた人が途中で亡くなったりして、大勢埋葬された土地だったらしく、そういう“曰く付き”の場所だったと……。地元の人の間ではよく知られた話らしいんですが。

――やはり、その人たちが今も彷徨っている場所だったのかもしれませんね……。では、監督個人として恐怖体験は?

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ