世田谷一家殺人事件の「呪われた間取り」とは!? ホラー映画監督でマドリストの山本清史が語る、猟奇事件の設計図

世田谷一家殺人事件の「呪われた間取り」とは!? ホラー映画監督でマドリストの山本清史が語る、猟奇事件の設計図の画像1


 日本が震撼した歴史的な猟奇事件をまとめたTOCANAの新番組『猟奇事件暴露ファイル』の第5回「世田谷一家殺人事件」と第6回「江東区マンション神隠し事件」が公開された。メガホンを取ったのは、2003年に『ほんとにあった! 呪いのビデオ』で映画監督としてデビュー以降、大作ホラー『水霊 ミズチ』や日米合作ホラー映画『END CALL』など怪奇作品を次々と世に送り出し、日本を代表するホラー監督としての地位を確立した山本清史監督。近年は『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』で革新的な方法でエオルゼアパートを手掛けたとして注目を浴びている。

・第5回「世田谷一家殺人事件」 犯人の指紋や血痕といった証拠や遺留物が残されていたにもかかわらず、なぜこの事件は解決に向かわないのか。重大な殺人犯が野放しにされている真実を暴いていく!

・第6回「江東区マンション神隠し事件」 江東区のマンションから女性が忽然と消え、「現代の神隠し」と言われた「江東区マンション神隠し事件」。のちに同じマンションの住人が女性を殺害し、バラバラに解体して処理していたことが発覚する凶悪事件である。


●山本清史監督インタビュー

山本清史監督


――世田谷一家殺人事件と江東区マンション神隠し事件を扱いましたね、いかがでしたか。

山本 この企画をいただいてから撮影まで結構時間があったので、個人的にめちゃくちゃ調べましたね。特に、ネットに出ている情報が本当なのか、調べまくりました。コロナの時期だったので、国会図書館から記事を郵送で取り寄せて、雑誌の記事とか全部集めて読んで、どの情報がどこから出たものか、いわゆるソースを確認しました。警察からの情報だったり、単なる噂レベルの話だったり。 “こんな説があるんだなー”と考えましたね。

――膨大な量だったのではないですか?

猟奇事件暴露ファイルより

山本 超膨大です。でも、全部読ました。責任も感じていましたからね。また、この番組の趣旨はウィキペディアに出ていない情報を伝えるということでしたから、そういう意味でいえば、本当に調べて精査して、いろんな情報を重ね合わせるうちに見えてきた“真実の情報”っていうのはなかなかネットには出てこない。だから隅々まで調べるという作業の重要性を感じていました。


――監督ご自身、かなり事件にのめりこんでいたように見えましたが。

山本 はい、事件を調べるうちに、確実に僕は病んでいったと思います。

 江東マンションに関しては、犯人も捕まっていますし、バックボーンも一応判明していますから、構成台本も迷いなく書けたのですが、世田谷一家殺人事件に関しては、どこに着地したらいいのだろうと悩みましたね。

――編集も大変でしたか?

山本 世田谷一家殺人事件に関しては「この説は触れてはいけない」っていう、絶対的な“タブー”もありましたし、大変でしたよ。でも、ギリギリまで踏み込んで、できうる範囲の情報はすべて入れられたと思います。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ