ダイアナ妃、ポール・ウォーカー、アヴィーチーの死因は「児童売買・小児性愛サークル」絡みの他殺か!? アノニマスが真相を暴露!

ダイアナ妃、ポール・ウォーカー、アヴィーチーの死因は「児童売買・小児性愛サークル」絡みの他殺か!? アノニマスが真相を暴露!の画像1
画像は「Free Press Journal」より

 ハッカー集団アノニマスが衝撃の暴露情報をリークした。なんと、セレブたちの突然の死の背後には、ある恐ろしい理由があったというのだ。

 米国とインドにオフィスを持つグローバルメディアの「meaww.com」(6月3日付)などによると、ダイアナ元妃、俳優ポール・ウォーカー、スウェーデンのDJアヴィーチーといったセレブらは、児童売買や人身売買といったセレブらの間にはびこる犯罪活動の実態を知り、そのことを暴露しようとしたため、消されたというのだ。

 特にダイアナ元妃は死の直前に、宮殿内で行われていたレイプ被害者たちの証言を記録しており、数百人の少年少女たちを性的虐待・強姦していたことが死後に発覚したイギリスの有名司会者ジミー・サビルが性暴力を働いていた病院やケアホームにも頻繁に足を運んでいたという。アノニマスは過去にも「チャールズ皇太子にレイプされたスタッフの証言をダイアナ妃が録音していた」ことを明かしているが、ダイアナ元妃が亡くなった1997年8月31日の事故は「計画殺人」だったとまで暴露している。

ダイアナ妃、ポール・ウォーカー、アヴィーチーの死因は「児童売買・小児性愛サークル」絡みの他殺か!? アノニマスが真相を暴露!の画像2
左からポール・ウォーカー、ダイアナ元妃、アヴィーチー。画像は「meoww.com」より

 また、同じく2013年に事故死した映画『ワイルド・スピード』で知られる俳優のポール・ウォーカーも実際には人身売買組織の詳細や、米政府が偽薬を貧困層に与えていることを明らかにしようとして殺され、薬物の過剰摂取で死亡したDJのアヴィーチーも音楽業界の大物が名を連ねる小児性愛サークルの存在を知ってしまったため殺害されたというのだ。

 さらに、他にもマイケル・ジャクソンやマリリン・モンロー、カート・コバーン、チェスター・ベニントン、クリス・コーネルといったセレブらも、人身売買や児童の性的虐待を組織的に行う業界内のネットワークについて知ってしまったがために消されたという。

 果たしてどこまでが真実かは現時点では分からないが、大富豪ジェフリー・エプスタインが所有していたロリコン島に英王室のアンドリュー王子が足繁く通っていたことからも、少なくとも英王室が小児性愛サークルや人身売買ネットワークと繋がっていることは示唆されるだろう。

 先日トカナでもお伝えしたように、エリートたちのペドフィリアネットワークは、米国防総省(ペンタゴン)にまで浸透している。同省のサーバーでは大量の児童ポルノが取引され、それに関与していたとされる人物は、国防総省の職員や国家安全保障局の職員などを含め5000人規模だったというから恐ろしい話だ。

ダイアナ妃、ポール・ウォーカー、アヴィーチーの死因は「児童売買・小児性愛サークル」絡みの他殺か!? アノニマスが真相を暴露!の画像3
画像は「getty images」より

 かたや日本でも2003年に児童買春デートクラブ「プチエンジェル」の経営者が当時小学生の女児4人を誘拐・監禁した事件が起こったが、犯人の不可解な死や事件を追っていたフリーライターが殺害されるなど、不可解な点が多く、顧客であって警察官や政治がもみ消しを謀ったのではないかと今でも噂されている。

 われわれ日本人にとってもペドフィリアサークルの存在は決して他人事ではない。プチエンジェルのような児童売春斡旋組織が1つだけということはないだろう。現代社会の闇中の闇と言えるこうした組織の存在が明るみの出される日は来るのだろうか? 

参考:「meoww.com」、「Free Press Journal」、ほか

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ