7月2日はノーベル文学賞作家アーネスト・ヘミングウェイがショットガン自殺した日! 父、妹、弟、孫も自殺を遂げた呪われた一家

7月2日はノーベル文学賞作家アーネスト・ヘミングウェイがショットガン自殺した日! 父、妹、弟、孫も自殺を遂げた呪われた一家の画像1
(画像はWikipedia Ernest Hemingwayより。Public Domain)

『ヘミングウェイ家の家族写真』(1905年撮影右端が6歳時のアーネスト少年)

 1961年7月2日は、ノーベル文学賞を受賞した小説家であるアーネスト・ヘミングウェイがショットガン自殺を遂げた日である。


 一説には死の直前に二度も飛行機事故に遭ったことで、生気をなくしていたともいわれているが、その真相は明らかではない。


 当サイトの前日の記事で孫のマーゴ・ヘミングウェイが7月1日に自殺したと紹介したが、ヘミングウェイ家の自殺の話はそれに止まるものではない。


 実は彼の父、クラレンス(写真左から3人目)も、そのまた父親が南北戦争で使った銃で自殺している。


 アーネストの左に写る妹のウルスラ、さらにこの後に生まれてくる弟のレスターも自殺を遂げることとなる。


 クラレンスは、鉄分を過剰に蓄えてしまう細胞障害“ヘモクロマトーシス”なる遺伝性の病気を持っていたといわれ、それがアーネストの持病であったことも知られているが、このことが一家全員の自殺の原因であったかはわからない。


 “呪われている”というにはあまりに栄光に包まれたヘミングウェイ一家ではあるが、自殺に見そめられていた血統であることだけは確かである。

 

<7月2日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ