YouTubeでリアルな人気が露呈して“爆死”した美人女優とは!? 男性ファンも多いはずなのに…

画像は「Getty Images」より引用


 新型コロナウイルスの拡散によってテレビ業界は再放送が多くなり、芸能人の多くは開店休業状態に陥った。そして、持て余した時間を埋めるようにYouTubeデビューを果たした芸能人も数多い。

 しかし、テレビでは有名なタレントたちも異世界であるネット上で自分のリアルな認知度や人気度を知って落ち込むケースも増えているらしい。

宮迫博之さんが自粛後、YouTubeデビューして今も活動中です。しかし、新型コロナの問題で自粛が続き、お金目的ではなくヒマつぶしやエンタメをファンに提供したいという思いからYouTubeチャンネルを開設する芸能人が増えました。誰もが即座に高い人気を得ると思っていたようですが、ゴールデンで司会をするレベルのタレントでも再生回数が500件程度にとどまることもあるなど、テレビとネットでの認知度の違いに驚いている芸能人は多いです」(テレビ番組プロデューサー)

 たしかにネットとテレビでは土俵が異なるために人気や認知度は全く違うはずだ。

 これまでにYouTuberデビューを果たしたものの大コケしているのは誰なのか。

「ひとりはスピードワゴンの井戸田潤さんです。ハンバーグ師匠は地元の名古屋では人気が高いのですが、少し伸び悩んでいる印象。しかし、内容はかなり面白いので、これからブレイクするかもしれませんね本人が楽しそうにしているのも好感がもてます。これからに注目です」(テレビ番組放送作家)

 かなりの人気と知名度があるように思うがそれでもスタートからバズっているわけではなさそうだ。

 さらに続いて、知名度の高いお笑い芸人の名前が聞けた。

ロンドンブーツ1号2号です。亮さんの謹慎中の活動のために設けたようなチャンネルなので、再生数や金銭を稼ぎたいわけではないんでしょうが、地上波のゴールデンタイムに冠番組を持っている人の数字ではないですよ。ネットで嫌われているのかは不明ですが、どちらにしてもマッチしていないんでしょうね」(テレビ番組制作会社ディレクター)

 たしかに人気があってもネット上で見たいコンテンツのマッチングがうまくいっていないのかもしれない。

 最後は女性タレントの名前が出てきた。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ