7月6日はオウム真理教の教祖・麻原彰晃と教団幹部6人の死刑が執行された日!

7月6日はオウム真理教の教祖・麻原彰晃と教団幹部6人の死刑が執行された日!の画像1
(写真はWikipedia Tokyo subway sarin attackより。Public Domain)

『1995年3月20日の「地下鉄サリン事件」に対応する救急隊員』

 2018年7月6日は、オウム真理教の教祖、麻原彰晃こと松本智津夫とその弟子である教団幹部6人の死刑執行が為された日である。

 メディアを巻き込んでの殺人である1989年の「坂本堤弁護士一家殺害事件」を始め、「松本サリン事件」「駐車場経営者VX襲撃事件」等、数多くのテロと暗殺をしてきたとされる新興宗教、オウム真理教。

 その一連の「オウム事件」の中でも最も特筆すべきものが、1995年3月20日に発生した世界初の大規模化学テロ「地下鉄サリン事件」である。

 通勤ラッシュの東京を狙って化学兵器サリンを散布するというその犯行は、死亡者13人、被害総数は6,000人以上を出す前代未聞の事件となった。

 結果的にはこの事件をきっかけに、5月16日に同教団への強制捜査、幹部の一斉逮捕に繋がるのだが、拘留後の公判に於いて、主謀者の松本は一切の罪状を認めないどころか、弟子たちによる勝手な行動であったと言い切り、長きにわたる公判期間に於いて、精神鑑定を誘発するような奇行、そして沈黙等、裁判を長引かせる行為ばかりに終始した。

 その結果、2003年10月31日に死刑が言い渡されるまでに257回の公判、年月にして7年10カ月もの時間を要した。

 その後の控訴審と再審請求により再び長きにわたる公判が始まるが、2013年5月10日に再審を認めない決定が下され、その死刑は事実上の確定となった。

 そして、2018年7月6日早朝、松本と一連のオウム事件の実行犯である、早川紀代秀、中川智正、井上嘉浩、新実智光、遠藤誠一、土谷正実の死刑は執行された。

 新実を除く幹部たちはその罪と責任を認めていたが、その最上位にいた松本は、遂に自らの罪を認めることもなく、この世を去ることとなった。

 こうして、世紀末の日本を象徴するようなカルト教団による大規模テロ事件は、当事者が真相を語ることなく終結を向かえるというまたひとつの《不幸》を重ねることとなった。

 

<7月6日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ