【閲覧注意・児童虐待】史上最悪の虐待母、テレサ・ノール事件全貌! 娘をカッターで裂き、即席手術、生きながら燃やし… !

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 夫を銃殺し、実の娘2人に虐待の限りを尽くして惨殺した史上最悪の“虐待母”テレサ・ノールの狂気の家庭生活が明らかになっている――。

■夫の銃殺から始まった狂気の家族生活

 テレサは1946年3月14日、米カリフォルニア州サクラメントに、ジムとスワニー・ゲイ・クロスの末っ子として生まれた。クロス家は1950年代初頭、比較的幸せな生活を送っていた。父親のジムは、サクラメントの食料関係の会社勤務、母親のスワニーは文房具関係の工場で働いていた。しかしテレサ15歳の時、1961年に母親が心臓発作を起こして亡くなった。

 母親が死亡した後、テレサは高校を中退し、最初の夫であるクリフォード・クライド・サンダースと結婚した。翌夏、彼女は最初の子ども、ハワードを出産。しかし夫婦には争いが絶えず、1964年のある日、激しい言い争いの最中、テレサは夫をライフルで撃ち殺した。

【閲覧注意・児童虐待】史上最悪の虐待母、テレサ・ノール事件全貌! 娘をカッターで裂き、即席手術、生きながら燃やし… !の画像1
史上最悪の“虐待母”テレサ・ノール 「The Lineup」の記事より

 テレサは夫殺害で起訴された。彼女は正当防衛を主張し無罪を求めた。裁判で、夫の親類は「テレサ・サンダースが、私の兄弟を殺そうと計画していたことを心から信じています」と証言している。

 結局テレサは、夫殺害について無罪判決を受けた。彼女が若かったこと、そして第2子シーラを妊娠中であったことが、判決に影響したと考えられる。

 1966年、テレサは米軍人ボブ・ノールと再婚した。夫婦には1966年に娘のスーザン、1967年に息子ウィリアム、1968年に息子ロバート、1970年に娘テリーと4人の子どもが次々に生まれた。彼女の最初の結婚と同様、テレサとボブとの関係はアルコール依存、そして絶え間ない言い争いに満ちており、彼らはやがて離婚した。

 テレサは、その後も2回再婚している。彼女の最後の結婚は2カ月余りしか続かず、その後、テレサの飲酒量と体重は増加の一方で、神経症も悪化した。テレサは、子どもたちが生まれた時から、怒ると子どもを殴りつけていたが、その虐待は年を追うごとにひどくなった。

 後の証言で、テレサは2人の娘の若さを嫉妬していたと言われている。テレサは、それぞれ20歳と17歳に成長したシーラとスーザンを虐待のターゲットにした。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?