米国の病院が新型コロナで儲けまくっている仕組みとは!? 「人工呼吸器の陰謀説」も…!

■人工呼吸器の使用は“死刑判決”

 つまりこの“コロナ禍”の中で病院には“ビジネスチャンス”が到来したとも言えるのだ。しかし営業利益重視に傾けば資本主義システムでは不正や腐敗が予想され、場合によっては横領さえも起こり得るだろう。

 そしてオンラインメディアの「OffGuardian」の記事によれば、さらに怪しいのが人工呼吸器の問題であるという。

 現在政府は保健福祉当局と連携して人工呼吸器の国家的な調達に取り組んでいる。さらに、政府は製造部門と協力して、新たな人工呼吸器メーカーを幅広く探しているとのことだ。

 記事によれば人工呼吸器は、肺に損傷を与え呼吸状態を悪化させる可能性が高いことで知られているという。患者を人工呼吸器にかけることは、多くの場合“死刑判決”であるというのだ。医療専門家からだけでなく、いくつかの内部告発者からもそのことが伝えられているということだ。

米国の病院が新型コロナで儲けまくっている仕組みとは!? 「人工呼吸器の陰謀説」も…!の画像2
「OffGuardian」の記事より

 そして現在アメリカの病院では、コロナ関連の疾患で人工呼吸器を使えば高額の補償金が支払われるのだ。このことから、本来は必要ないと思われる人工呼吸器を患者に施すケースが絶対にないとは言い切れなくなるかもしれない。

 人工呼吸器で症状が悪化するのだとすればきわめて深刻な懸念を招くだろう。実際のウイルスの脅威に加え、コロナ検査での偽陽性のリスク、人工呼吸器使用で生じる高額なインセンティブが混然一体となってきわめて不穏な状況を形成している。

 残念ながら今後もしばらくは続きそうな“コロナ禍”だけに、気になる動きは引き続きウォッチしていかなければならない。

参考:「OffGuardian」、「OffGuardian」、ほか

文=仲田しんじ

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

米国の病院が新型コロナで儲けまくっている仕組みとは!? 「人工呼吸器の陰謀説」も…!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル