引退の木下優樹菜、前夫・フジモンに「死ね」「クズ」「ダボ」と罵りまくっていた!? 結婚生活のヤバイ噂とは?

引退の木下優樹菜、前夫・フジモンに「死ね」「クズ」「ダボ」と罵りまくっていた!? 結婚生活のヤバイ噂とは?の画像1
画像は「木下優樹菜公式サイト」より引用

 

 何も変わらないということか…。昨年の“タピオカ騒動”を経て、今月1日に芸能活動を再開し、直後に芸能界引退を発表した木下優樹菜がディスられまくっている。

 木下は昨夏、実姉が勤務していたタピオカ店の経営者に対し「これからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」などと恫喝DM(ダイレクトメール)を送り付けていたことがわかり、大炎上。昨年10月にインスタグラムを通じて謝罪したが収まらず、同11月に芸能活動の無期限休止を発表した。

 そこからようやく復帰したわけだが、渦中のタピオカ店との和解はまだ。インスタにアップした活動再開報告では「芸能活動自粛中、沢山のご意見をいただき色んな事を考え、自分自身を見つめ直し反省する日々を過ごしてきました。今はただ目の前の出来る事をコツコツと私らしく頑張っていきたいと思っています」と反省の弁を述べたが、結局引退となった…。

「文中の『私らしく』にネット住民が敏感に反応。『何も変わる気がない』『全く反省していない』など、ひどい言われようです。本人に悪気はありませんが、ちょっとした言葉のチョイスで反発を招く結果になっています」とは芸能プロ関係者。

 先月、一部女性誌の直撃取材を受けた時も、木下は「え、何? すげー撮られてんだけど…」とひとくさり。ヤンキー気質はまだまだ抜けていないようだ。

 前夫の「FUJIWARA」藤本敏史との間では“偽装離婚説”も浮上。破局後も同じ屋根の下で暮らし、“家族総出”で外出する場面を一部週刊誌にキャッチされたためだ。これに「ダウンタウン」松本人志は、5日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で「フジモンからも聞いてますし、(偽装離婚は)絶対ないですね。やる意味がない」と否定。続けて「フジモンはすっごい今ハッピーなんですって。ハッピーというとアレやけど、元気もすごいし。食欲も止まらないんで、すごかった」と述べた。業界関係者も同調する。

「偽装離婚はないですね。ただ、婚姻中よりも藤本さんと木下さんの仲は断然いい。結婚前のカップル同士に戻った感じです」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ