【閲覧注意】サッカー少年に「雷が直撃する」映像がヤバすぎる! ボールを蹴った瞬間に起きた悲劇!=ロシア

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】サッカー少年に「雷が直撃する」映像がヤバすぎる! ボールを蹴った瞬間に起きた悲劇!=ロシアの画像1画像は、「The Daily Mail」より

 露モスクワ州オレホヴォ=ズエヴォで先週末、16歳の少年がサッカーのトレーニング中に雷に打たれて昏睡状態となった。英紙「The Daily Mail」が落雷の決定的瞬間をとらえた映像を報じた。

 当時、イヴァン・ザボルスキーさんはチームメイトとは別行動を取っていた。彼がゴールへ向かってボールを蹴ろうとした瞬間、彼の周りに閃光が走る。ボールが飛んで行く一方、彼はその場に倒れ込んでしまった。コーチやチームメイトが彼のもとへ駆け寄る。

 トレーナーのアントン・バソフさんは、ザボルスキーさんに心臓マッサージと人工呼吸を施した。意識を失っているザボルスキーさんは地元の病院に運ばれた後、ヘリコプターでモスクワの病院へと移送された。

 ザボルスキーさんのガールフレンド、エレナさんは次のように語る。

「彼は一度は意識を取り戻したものの、強い痛みを伴うショックのため、再び昏睡状態に戻されました。今は彼の両親が付き添っています。雷がネックレスに直撃した首には傷があり、肺は損傷していました。彼が安定するまでにはもっと時間が必要です」

 ザボルスキーさんの妹、カリーナ・ザボロフスカヤさんは、迅速な行動によってザボルスキーさんの命を救ったトレーナーたちを称賛し、事故当時の状況を次のように説明する。

「医師たちは、彼が運がよかったと言います。私はまだ事故を全く理解できません。どのようにして起こったのかわかりません。トレーニング前もトレーニング中も、スタジアムの上に雲はありませんでした」

 医師たちの言う通り、落雷事故で一命を取り留めたザボルスキーさんは強運の持ち主だったのだろう。近年は気候変動の影響から世界各地で落雷が増加しているため、今後もザボルスキーさんと同様の被害者は増えていくことだろう。実際、インド・ビハール州では今年3月末以降、農民や牧牛業者ら215人が落雷で死亡したという。屋外で活動する際は、どんなに天気がよくても決して油断してはならない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】サッカー少年に「雷が直撃する」映像がヤバすぎる! ボールを蹴った瞬間に起きた悲劇!=ロシアのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?