木下優樹菜、事務所幹部に逆ギレ恫喝していた!? “究極の捨てゼリフ”がヤバすぎる…今後の展開も!

木下優樹菜、事務所幹部に逆ギレ恫喝していた!?  究極の捨てゼリフがヤバすぎる…今後の展開も!の画像1
画像は「木下優樹菜公式サイト」より引用

 電撃引退を発表したタレントの木下優樹菜(32)が所属事務所にブチギレたという。

 6日に突如としてプラチナムプロダクションが木下の引退を発表したため、芸能マスコミは騒然。タピオカ恫喝騒動によって昨年11月に芸能活動を自粛し、今月1日に復帰したばかりだったからだ。

「問題なのは『なぜ、今突然引退しなければならなくなったか?』です。この5日間の間に事務所と木下の間で何らかの齟齬、あるいは対立があったとみられています。それは事務所が発表した文言の中から紐解くことができるのです」(ワイドショーデスク)

 そこには「当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し」とある。同デスクによると「これは、別に入れなくてもいい文言です。むしろ世間に公表する声明文の中に、このようなあえて対立をにおわすようなものを入れるべきではない。それでも、今回入れたのは、入れざるをえない事情があると読み取れます」と言う。

 では、何が対立の原因となったのか。事情を知る関係者が絶対匿名を条件にこう明かす。

「実は、事務所としては復帰に向けてつゆ払いをすべく木下情報を収集していました。その中に『男関係』と『タピオカ恫喝とは別のトラブル』をめぐる看過できないスキャンダルが出てきた。それを本人に問いただしたところ、当初はのらりくらりとかわしていた木下が、だんだん事実だとほのめかすようになってきた。事務所幹部が『これじゃあ、守れないじゃん!』と怒ると、木下が『だったら、辞めてやるよ!』と逆ギレしたんですよ」

 木下は中学時代、札付きのワルだっただけに、追い詰められると反撃に出る癖がある。タピオカ騒動でさんざん怒られてきて、さらにあれこれ言われて「ナメてんじゃねーよ!!」となったというわけだ。そもそものタピオカ騒動も事務所が守ってくれなかったという不満もあった。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ