生娘の「初フェラ」争奪イベントが北関東の祭りに存在していた!? 伝統的“エロ徒競走”のやばいシステムとは?

【日本奇習紀行シリーズ 北関東】

生娘の初フェラ争奪イベントが北関東の祭りに存在していた!? 伝統的エロ徒競走のやばいシステムとは?の画像1
画像は「ゲッティイメージズ」より引用

 多くの男性諸氏にとって、ウブな女性というものは、いつの時代も好まれる傾向にあるといえるが、そんな女性たちが披露するなんとも初々しい性行為は、時として、男性たちに思わぬ情熱を抱かせるものであるようだ。

 

「そりゃそうだよ、なにせ初めてのナニだからね。男たちからすりゃあ、是が非でも拝んでみたいものだよ」

 

 かつて北関東のとある地域で行われていたという、なんとも珍妙な“男の祭り”についてそう語るのは、現在も当地で暮らし、小規模な近海漁と年金で生計を立てている綾部伸蔵さん(仮名・83)。綾部さんの話によると、その昔、当地においては、女性たちの“初フェラ”を賭けた激しい争奪戦が、村祭りの余興の一つとして、長らく行われていたのだという。

 

「祭り自体は別になんのことはないんだけどね。ホント、普通の祭り。けど、そのときにね、その年に選ばれた生娘がね、初めてする“ご奉仕”をさ、争うのよ、村の男たちが。って言っても、村から見える一番高い山のね、てっぺんにある赤い鉢巻をさ、一番早くとって帰った者が勝つっていう、他愛もないもんなんだけどね。そう、勝てばめでたく“初モノ”を楽しめるというわけ」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ